もう一つの物語/はな/ケチャねえ

 

「ええ。そうです。私のこの右手で握った刀で腹部を一突きしたんです。その時の感覚?もうね、私が殺ってやるんだっていう気持ちただそれだけですよ。」

 

 

途絶えないシャッター音が鳴り響く。何百人という報道陣がかけつけ、我こそがと質問をなげかける。全員の視線の先にいる人物は鼻高々に質問にこたえてゆく。

 

 

「あなたは今日本中のヒーローですね?あなたが日本の未来を変えたといっても過言ではないでしょう。国民の皆さんに一言お願いします。」

 

 

「私は使命感とともに戦ってきました。数か月前鬼どもがこの町の食糧をかっさらい、国の民たちが泣き叫ぶ様子を見て、私がこの手でたおさなければ、と。でもみなさん安心してください。今日からは再び平和で安全な地に戻るのです。私は金銀宝などなどが欲しくて鬼どもを討ったのではありません。皆様の応援のおかげでございます。

とはいっても、猿、きじ、犬には感謝しています。私一人では到底打ち勝つことなんてできなかったでしょうからね。鬼ヶ島へ行く途中彼らと出会えたことで、あの意地汚い、醜い鬼どもを協力して倒せたんだと思います。」

 

 

「桃太郎さん、鬼ヶ島にはたくさんのお宝があったとお聞きしましたが、あの鬼どもが自分たちで隠していた宝や食糧はこれからどうするつもりですか?全く最低なやつらだ。あいつらのせいでわれわれ人間がどれだけ迷惑したと思っているんだ。」

 

 

「まあまあ、落ち着いてください。もうこの世に鬼どもはいないんですから安心してください。一匹残らず私が処分してきたので。隠していた宝はすべてこちらに持ってきました。食糧はみんなで山分けしましょう。お宝は寄付でもお金に換えるでも好きなようにしてください。残りは私の墓と一緒に埋めてもらえたら、、なんて、、はっは冗談ですよ。」

 

 

 

桃太郎は生まれた時から、武道に励み、両親に目一杯感謝をし、一生懸命生きてきたらしい。

 

 

お父さんが殺られたニュースを僕はどういう気持ちで見ればいいのだろう。

 

 

ボロボロの時計に一粒の涙が落ちる。

あの時、桃太郎はこんなボロボロな時計なんの価値もないって言ったけれど、僕にとってはお父さんが最期にくれた大切にくれた形見なんだ。

 

 

仲間はみんな殺された。僕が桃太郎をまたやっつけたって、桃太郎の子供がまた僕を殺しにやってくるだろう。

悲しみ?怒り?それとも復讐心?

 

 

孤独と空腹に耐えながら、僕は長い眠りについた。

 

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「もう一つの物語/はな/ケチャねえ」への2件のフィードバック

  1. よくある見方かとは思いましたが、鼻高々といった感じでインタビューに答えている桃太郎のほうが、鬼より悪者に見えてしまうような書き方はうまいと思いました。
    タイトルの「華」は、どういった部分にかけられているのでしょうか?桃太郎の華のある人生でしょうか。

  2. 前半部はアニメに出てくるような感じの文体になっており、いいと思いました。テレビカメラがあるような時代に刀で殺すというちょっと適当な感じもアニメならいいんじゃないかと思います。後半部の文体とのギャップも個人的にはいいかなと思いました。
    後半部で、自分だけは助けてくれた桃太郎への思いとか父との昔の思い出とかを入れればよりよくなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。