家族という病/書評/ボブ

この本で扱っているテーマは言うまでもなく「家族」である。私たちは自分の家族について実はほとんど知らない。それなのに、家族という存在を盲信する日本人に筆者は疑問を投げかける。理想とされる家族団欒を無駄だと捉え、時には血縁までも否定する。現代社会に蔓延っている家族絡みの問題を交え、また、筆者と筆者自身の家族との関係について赤裸々に言及し、家族とは何かという素朴な疑問を私たちに投げかける。

 

正直なところ、私は筆者の家族に対する強い執着、コンプレックスを感じた。家族の話をする人はつまらないとしながら、筆者は自分の家族に関してかなり深く言及している。最後の方になるにつれてその執着は大きくなる。母親の話をする友人を筆者は冷たくあしらうでもなく批判するのでもなく、羨ましく思うのだ。そして極め付けは手紙である。「家族を知ることは自分を知ること」という言葉が、とってつけたようにしか思えてならない。ただただ家族に対する後悔の念を認めているだけではないか。現代の人々は家族に縛られていると筆者は語るが、それをそのまま筆者に返してあげたい。

 

筆者は血の繋がりを否定する。血が繋がっているから家族、繋がっていないから家族じゃないという考えを否定するのだ。家族というのは血の繋がりより前に思いが先行するらしい。だとすると思いが通じ合っているつれあいは筆者の家族といえよう。そうすると矛盾が出てくる。「血のつながらない、他人と一緒に暮らしてみることは、大事だと思うようになった。」という一節。なんとここでは筆者は血縁関係を重視しているのだ。なんと一貫性のないことだろうか。それとも筆者は自分と他の人々とを全く別次元で考えているのだろうか。いや、それだと筆者自身が排他的になっていることになる。他人を思いやれず排他的になっている家族を批判していることと矛盾が生じてしまう。

 

私はお世辞にもこの本を他人に薦めることはできない。自分の責任は自分でとれとか、部分部分で共感できるところはあった。しかし、これまで述べてきたように一貫性のないところがあまりにも多すぎる。それだけ「家族」を述べるというのは難しいということなのだろうか。それだけではないような気がしてならないが。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「家族という病/書評/ボブ」への4件のフィードバック

  1. 3年生ののっぽです。

    ボブは、一貫性が無いことを問題と書いていますが、一貫性のないところがこの本の興味深いところだと思います。これだけ家族について悪態をついて反家族をうたっておきながら、主張は時々揺らいでしまう。筆者が持っているのは果たして本当にコンプレックスだけなのだろうか、とても謎の多いところです。

    排他的云々のところは、意味が取れなかった。抜き出したページとか書いておくと親切でよりよいです。

  2. 自分もこの本を読んでしきりに首を傾げたクチですが、本の読み方として一度バイアスがかかった状態で読んだのだろうなあというのが文章に滲み出ているように思いました。それも一つの本の読み方なので否定するつもりはないのですが、その読み込みを感情的に連ねるよりも、一度自分の読みを客観的に見て冷静に纏める事が書評には必要かもしれません。
    家族という言葉にプラスの印象を抱いている人はどうもこの本が肌に合わないとは思うのですが、文章中の矛盾を突くよりもこの本が何故総合的に優れないのか、という考察が入ると良いと思います。そうすることで正当性と客観性が生まれるのではないかなあと。

  3. まず最初の、本の内容の要約が非常に分かりやすい。偏りすぎず、簡潔にまとめられているように思え、ざっくりと内容を掴む、あるいは思い返すにはちょうど良いように感じる。

    また、筆者の矛盾を突く際の説得力も十分にあると思う。まぁ、私個人としてはこの矛盾こそが面白いような気もしますが。意見の別れるところであり、これも面白いように思えます。

  4. 「それをそのまま筆者に返してあげたい」……この本に対する違和感を的確に表現する言葉を考えあぐねていましたが、おかげで思い出せました。ネットでいう「ブーメラン」ですね。それも盛大なブーメラン。
    上で指摘されている正当性と客観性については、お堅い文体の場合は必要とされるように感じますが、これぐらいの軽さではあまり重視されないようにぼくは思います。

    細かいところですが、「」の末尾には基本的に句点(。)は入れないほうがいいようです。ぼくもかつて小学校で句点を入れるように教わり、それ以降ずっとそのスタイルを貫いてきましたが、なんとか矯正できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。