独善的/書評/シュウ

何の本でもそうだが、この本は特に読者を選ぶナと感じさせた。本書の中でも出てきた、不仲な家族や、子供との関係で悩んでいる親、とりわけ息子との関係に悩む母親には、独善的な著者の物言いは、自分の進む道を指示してくれる、まるで神の啓示であるのようにとることができるだろう。家族の悩みを抱える人にとっては本書は悩みを救うバイブルとなりうるのではないだろうか。

「家族という病」というから、どれほどのものかと身構えてしまったが、取り上げられていることは、よく言われているようなこと(「遺産で家族はこじれる」、「あの人は、身内の話ばかりで面白くない」etc)と、著者の世の傾向に対する主張ばかりであった。拍子抜けした。著者の家族観は、「家族それぞれは家族とは言っても独立した一個人であるのだから、家族というくくりで括られてしまうと、生きにくくなってしまうので、ぶつかるときもあるだろうけど、それは当たり前で、それぞれ好きに生きてなさい」というのだったが、家族とはそんなに割り切ってしまっていいのであろうか。竹を真二つに割るくらいの勢いの良さである。もっとも筆者に言わせると、こうやって家族を大切に考えることこそ「病」にかかっているのだろう。

僕は僕が生きてきた家庭しか知らないし、僕の家族はやたら個人のプライバシーを意識するなと感じるときはあるけれど、僕からしたら、うまくいっている家族だと思う。そんな一般的な家族をばっさりと切り捨てる筆者の主張は爽快ではあるが、いい気分はしない。筆者の子供のころの戦後の民主化から右傾化していく中の父親との関わりから、家族に対する不信の念が生まれてきたのではないかと邪推してしまう。家庭崩壊から得た教訓は、同じく家庭がうまくいっていない人に対しては、救いの一手となるのだろう。そうでない僕ら若い世代には強すぎて押し付けがましい。

読んで何も得ないわけではなかった。「家族のことを本当は知らない」と言われてみてば、確かにそうかなと考えるきっかけになったものも、それだけだった。あまりこういう言い方はしたくはないが、「老人の老人による老人のための」説教本。その域を出ない。家族の話をする人はつまらないと言っていたが、なるほどこの本もつまらないわけだ。彼女の家族の話ばかりであったし。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「独善的/書評/シュウ」への4件のフィードバック

  1. この本が悩める人を救うバイブルとなりえるという点が五目いなりと相反しているので、そのあたりの話を突き合せたら面白そう。
    竹を真っ二つに割る勢いって表現が個人的に好きでした。さばさばした文章が多い中でクスリときました。
    考えるきっかけとして、良い文章であることは確かです。

  2. 自分はこの本を読んだ時に「なんだこりゃ、こいつァ押し付けがましいナ」と一度投げ捨てそうになったのですが、語調が強いだけで言っていることは割と当たり前なのかもしれないと、この文章を読んで思いました。言ってみれば、この本を毛嫌いする自分も家族という病の患者だったんだなという感じです。
    自分も含め他の人の文章が大変感情的でこの本をどうにかけちょんけちょんに貶してやろうという意図が見え隠れするのに対し、シュウさんの書評は大変穏やかで、新しいものの見方を示す役割を持っていたように思います。恐らくシュウさん本人が穏やかなのがその一因なのだろうと思うので自分には到底真似できませんが、こういう書評は今回の課題の空気の中で大変重要なのだろうと感じました。

  3. 本文中にも登場した覚えがありますが、家庭の状況などに限らず「あっしには関わりのねえこって…」と部外者を気取ることは批判されています。
    その上でもなお「自分の家族はうまくいっている」と主張することは、筆者のまな板の上にまんまと乗せられたようなもののような気がしてきます。
    この本に限らず、論調が一般的でない文章を批判する場合は批評家自らの例という特異な例示をするのでなく、あくまでも一般的な例に落とし込んで批判すべきなのかもしれません。
    まとめると、書評に自らのエピソードを挿入するのはあまりお勧めしないということです。ぼくもそれを避けようとしたあまり、同じレッテル貼りの炎上商法に頼らざるを得ませんでしたが。

  4. この本を受け入れられないのは、私たちが若い世代だからというのは一理あるなと感じた。介護やお墓の話をされてもイマイチピンとこない。つまらない親戚の話を聞いているようだ。文章がわかりやすく、納得できる内容だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。