考えの再構築/書評/Gioru

率直な感想をまず書けば、結局は自分の意見をまとめたいがために書いた本ではないのか。自身の考え方の押しつけではないのか。そのような印象を私は持った。

第二章では「家族のことしか話題がない人はつまらない」という題で話が進められている部分がある。たいていが自慢話か愚痴かで、傷の舐めあいか一方的に話されるかで不愉快でしかないらしい。実際にそればかりを聞かされ続けたら不愉快にもなるだろうし、聞いていても何の生産性もないような気がする。

では、なぜそれでも家族の話をしたがるのか。それは今の自分を整理するためなのではないだろうか。今現在自分が置かれている状況を言葉にして再確認することで、改めて自分という存在を認識するのだ。家族の自慢話は、そこに至るまでに自分も少なからず関わってきたのだという自負(良い意味でも悪い意味でも)。家族に対する愚痴はそれは自分が経験していることであるという確認であり、存在証明である。

別に話す必要はないではないか。文章にして書くことでも良いし、自分の頭の中で整理して一人で解決できるのではないのか?それをできる人もいるであろう。その証拠にこの本の筆者は実際にそうしていると書いている。このことについては、”誰か”に話すことが重要なのではないかと思う。自分のなかで抑えきれなくなってしまった人は、それをどこかで放出しなければならない。それが路傍の石よりは人間であって話を聞いてくれる方がいい。それだけのように思う。誰かに話すことですっきりとした経験を持つ人は少なくないだろう。筆者の考え方もわからないわけではないが、それでも所々の断定口調によってそうではないと、このように反発する気持ちが出てくる、

 

この本がたくさんの人に読まれているのはなぜか。やはりみな家族という形について何かしらの思う所があるのだろう。文章中には筆者の実体験からの考察が数多く出てくる。第三章の「一番近くて遠い存在が家族」と題された部分では確かに、と共感する部分も私には存在する。また、そんなことはない、と反感を持つ部分でも”家族”という身近な存在に関する文章であるから改めて自身で考えることもできる。

 

私は意見を押し付けるような断定的に書かれた文章に違和感を感じ続けたが、家族という身近な存在について考え直すという面でこの本は確かに役立つのではないだろうか。ただ、全てを鵜呑みにしていいとは到底思えない。筆者の言う家族という甘やかされただけ世界でも、それによって成り立っている世界でもあるだろう。それが虚構だったとしても、それを崩そうとしない限りはそれは虚構ではなく実態としてあり続ける。それの何が間違っていると言えるだろうか。お互いを深く知ることこそが大事なのだろうか。私にはわからないが、断定だけはされたくない。

どんな本や話でも言えることではあるが、これは筆者の考え方であると認識したうえで、自分の中でもう一度再構築する必要があるように思う。筆者に違和感や反発感を覚えさせるこの本は、考え方を再構築する上では非常にやりやすい本であると感じた。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「考えの再構築/書評/Gioru」への4件のフィードバック

  1. 3年生ののっぽです。
    とても良く書けていると思いました。文章の上っ面をくみ取ってこの本を批判するのはとても簡単なことで、そんな批評を書いても面白くもなんともないです。
    だから、なんでこの文章が売れたか、この文章が書かれたのかというところにまで目を向ける必要が出てくると思います。その点でとてもよく書けていると感じました。

  2. 本書の中で触れられる事がなく終わってしまったいわば”処方箋”的考察は大変興味深いと思いました。多くの読者はきっとこういう考察を求めていたのではなかろうか、という感じです。
    最初に読んだときは書評らしくはないかなあと思いましたが、よくよく考えてみればこんな書評もあるだろうという気もします。どちらかといえば買う前のレビューではなく、もうこの本を読み終わった人との意見を交換するための考察に近い気がしますが、それもアリなのでしょう。
    読めば読むほど書評の枠がわからなくなりますが、こういった考察は大切にするべきところかと思いました。
    一つ言うとすれば、各段落と分全体のの両方を見ても、後ろの方に重みがきているせいか前が浮いているように思えます。文章のつなげ方など工夫すると読みやすくなるのではないでしょうか。

  3. 書評というより感想文に近いのかな?と感じた。書評は読者に紹介する目的があるからもう少し本の内容を入れた方が良いかもしれない。それでも、文章から冷静さが感じられ、よく考えてるなと感心させられた。〜か、〜だろうか、という文が多く、それだけこの本が曖昧だったのかもしれないが、説得性に欠けるような気もした。

  4. 文章として感想が多岐にわたり、Gioruくんがこの本をしっかり読んだことが伝わってきました。違和感を覚えながらも読み込もうとする姿勢には非常に好感が持てます。この一種、感想文が読者を想定しているかどうかは微妙ですが。

    個人的には読みやすさの底上げが必要だなという印象です。第二段落の「〜かで、〜かで」と表現が繰り返しになっている部分ですが、これら二つは対句のように対応しているようにも思えないので、表現を変えたほうが読みやすさとしては適切なように感じます。「今現在自分」などと漢字が重なる表現も「いま現在、自分」などと手直しすることで文体を損なわずに、上手に崩すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。