きっかけとして/書評/ゆさん

著者の個人的な感情の吐露でしかなく、自己満足に過ぎない文章であった。円満な家庭に恵まれなかった著者が、ひたすらに「家族とはこんなにも無意味なものだ」という主張を述べているだけの、なんの客観性もない暴論と言われても仕方がないと思う。

著者自身が自分の家族と向き合ってこなかったのだから、家族を理解することが難しいのは当然であり、そのことに対して「内心忸怩たる思いがある」と語りながらも、「お互いのことを分かり合っている家族などいない」などと言うのは、幸せな家族に対するやっかみでしかないのではないかとすら思えた。

「家族の話しかしない人はつまらない」、まさにこの本自体がそうであると言える。ひたすらに著者自身と、その家族の話に終始しており、しかもそれがなんとなく自慢のように思える内容で、読んでいて気分が悪い。結局のところ、セレブには小市民の一般家庭の情景など想像もできず、理解もできないのではなかろうか。

 

この本を、現代社会における家族問題に痛烈に切り込んだ~~、などという、学問的見地から述べられた文章だと思って読むと上記のような憤りを抱き、結果として「駄本」としか言いようがない評価になってしまうが、あくまでエッセイとして読むならば、勉強になるまではいかずとも、自分の家族について考える契機くらいにはなるのではないかと思う。

著者はこの文章の中で家族に対する(温かい家庭に対する?)憎悪や嫌悪感をむき出しにしており、円満な家庭で育ったわたしからすると「家族ってそんなに小難しいもんか?」としか思えなかった。家族とはいえ、一個人同士でしかないのは言うまでもなく当然のことであり、どうしても相容れない部分や許せない部分はあるだろう。著者と同じような感情を持っている人もいるだろう。それでも切っても切れないのが家族であり、実際「家族」というものを嫌悪している著者も、結局ずっと家族に縛られていて、それこそが著者にとっての「家族の形」なのだろう。著者がそれを受け入れることができず、うまくいっている家族の在り方や価値観にケチをつけているだけのような気がして、なんだか少し可哀相になってしまった。

わたしは著者とはそもそも境遇が全く違うので共感も理解もできなかったが、家族のために自分を犠牲にしていて辛い、など、家族というものに嫌悪感や疑問を感じている人が「家族は素晴らしい」という考え方から解放されるための気休めにはなるかもしれない。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。