家族に縛られている者とは/書評/ヒロ

 「家族という病」、読んでみての第一の感想であるが、筆者の自己満足な文章であり、偏見の込められた本であった。というところだろうか。自分が家族に恵まれなかった、あるいはすれ違いを続けてきたとしている筆者の過去を大いに語っている内容であろう。
 内容のほとんどは自分とその家族のすれ違いやその家族のダメであったところの愚痴であった。自分がどれほど家族と意見が合わなかったのか、どれほど家族のことに反発してきたか、どれほど家族との間に嫌なことが起こってきたかが書いてあった。そして、それらの思い出から家族と言うものに対する否定的な意見が主観的と言えるようなもので挙げられていた。
 家族のことが全て理解できないことは当然のことだ。いくら血は繋がっていても思考までが繋がっているわけではない。あくまで血は繋がっている他人なのだ。そして他人との間で秘密にされることや理解できないことが存在することも当たり前のことだろう。日本人は家族のことを全然知らないだろうと本文にあったが、家族だからこそ話せないこと知られたくないことがあることは当然のことではないのか。そもそも私たち人間が他人のことを全て理解することなどは不可能なことだと私は考えている。そして、家族なのに知らないことが存在することと同時に家族だからこそ知ることができることというものもあるものではないだろうか。少なくとも親が子供に向ける表情、感情、思いはその子供しか知ることはできず、他人は親のそれらを知ることなどできないだろう。
 筆者が家族に恵まれず、すれ違いを続けてきたことがなかったことからくる嫉妬や不満がこの本のもとになっているのではないだろうか。確かに筆者は家族に恵まれず、すれ違いを重ねてきていたことやそれを今にも引きずっていることは本からも理解することができる。しかし、その筆者のみの経験から全ての家族は異常であり、通じ合うことはできないと決めつけてしまうことは間違っているのではないだろうか。結局のところ作者が最も家族というものに縛られているのだろう。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「家族に縛られている者とは/書評/ヒロ」への1件のフィードバック

  1. 筆者のみの経験から、全ての家族は異常であり、通じ合うことはできないと決めつけてしまうのは間違っている、という点はすごく頷けます。しかし、「間違っている」というよりかは、「そう決めつけてしまいたくなるほど、筆者にとって家族という存在が良くも悪くも大きかった」という、そちらの方が大事なのかと思いました。そんな筆者一人のことについて結論づけるのが新書としては正しくないかもしれませんが。そのため、筆者がいちばん家族に縛られている、というのも、その通りだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。