傘/嵐/温帯魚

その謎を解いている間も窓ガラスの向こう側では、絶え間ない雨音と風切り音が響いていた。

もとより風が強い日ではあった。しかし晴れていた空は想像以上の速さで流れる雲に覆われていき、地上に影を落とした。ついにはぽつぽつと雨が降ってきたと思うと、あっという間に豪雨となったのだ。そして、傘をもっていなかった先生と私はほうほうの体で今いる喫茶店へと逃げ込んだのであった。

確保することができた席は窓から冷気が伝わってきてあまりいい席とは言えなかったが、雨宿りをする人で混み合った店内ではほかの席はすべて埋まっていた。恐らく誰もが避けたのであろう貧乏くじのような席なのだろう。椅子の背に上着をかけ私は先生と腰を下ろした。

「天気予報では雨は降らないはずだったんだがね。ひどい天気だ」

先生はそう言うとコーヒーに口を付け、窓の外に目を向けた。言葉と裏腹に先生は嬉しそうだった。普段ない嵐というものにワクワクしているのだろう。年の割に子供っぽい。

「そうですね。でもこの雨ならじきにやむでしょう。」

激しい雨の勢いはこのまま続くとは思えなかった。しかしそう私が答えても先生はじっと外を見続けていた。私はいつものことだとカバンの中から文庫本を引っ張り出し、ページをめくり始める。

コーヒーのにおいや店内の喧騒と、窓の外の冷たさが混じり合う。その不思議な空間の中で、先生は少し上機嫌に雨が降る景色を眺め続けていた。

 

 

「君、見てごらんなさい。」

ふと、先生は私にそう呼びかけた。私は文庫本から顔を上げ窓の外に目を向ける。

「信号を待っている赤いコートを着た学生。少し気にならないかい。」

振り向くと交差点には確かにコートを着た女の子が立っていた。吹き付ける風に少しふらふらしながら、ビニール傘を風上に向け信号が青になるのを待っている。

「後姿ですから顔は見えませんが、確かに可愛らしそうな女の子ですね。でも先生、女性が美しいのは夜目遠目傘の中といいますし、当てにはなりませんよ。」

私がそう答えると先生は憮然とした顔となってこう返した。

「その言葉を教えたのは私だろう。それにその言葉のカサは差すほうじゃなくて被るほうの笠だよ。そうじゃなくて。」

信号が変わり、少女は歩きだした。

「彼女、傘をもう一本持っているだろう。」

確かに歩き出した彼女は左手に少し大きめの黒い傘を持っていた。

 

 

先生のほうに向きなおり、私は疑問を投げかけた。

「なるほど、それでは。傘を2つ持っていたのは、誰かに届ける途中だった。というのはどうでしょう。」

先生はサディスティックに少し唇の端を吊り上げた。似合う。

「君は本当に良い生徒だね。欲しいところで間違ってくれる。」

ありがとうございますと私はおどけて呟いたが、先生は意に介さなかった。

「気になるのはそこじゃないよ。」

そういって先生はコーヒーに唇を付けた。

「先生はどこが気になりましたか。」

少し考えてもわかる気がしないため答えを聞くと、先生は素直に答えてくれた。

「彼女は傘を2本持っていた。恐らく君の言う通り誰かに傘を届ける途中だったのだろう。しかしならばなぜ彼女は2本の傘の中からビニール傘を使っていたのだろうね。」

私は少し考える。

「すいませんもう少しわかりやすく。」

「つまりね、この強い風の中でなぜ壊れやすいビニール傘を持ってきたかということだよ。制服だったことを考えると、一度家に帰ってから傘を持って戻ってきたというところだろう。ちょうど向かった先には高校があったはずだしね。ならばなぜわざわざこの強い風の中ビニール傘を持ってきたんだろう。他にしっかりした傘も普通持っているだろう。実際もう片方の傘はこの風でも壊れない程度には頑丈そうだったしね。また傘を二つ持っているのならば、君なら他の人にはビニール傘のほうを貸さないかい。」

ふむ。

「ビニール傘のほうが好きだった。家にビニール傘しかなかった。そもそも目的が傘を持って歩き回りたいだけだった。」

途端に先生は白けた顔で僕に言った。

「それじゃ面白くないだろう。」

年の割に子供っぽい。

「それでは、」

いつも通り、先生に教えてもらおう

「先生の推理をお聞かせ願いましょう。」

 

 

先生の推理を聴き終わり、私はこう答えた。

「なるほど。先生もロマンチックですね」

雨はまだ止んでいない。スマートフォンを確認したがまだまだ降り続けるらしい。

「ところで先生この話を聞いた後で誠に言いにくいのですが。」

私は腕時計を確認する。思っていたより時間がたっていた。

「そろそろここを出ないとさすがに約束の時間に遅れます。そしてもう一つ、残念ながら実は私のカバンに一つだけ折り畳み傘があります。」

私の言葉を聞くと先生はバツの悪いような顔をした。そして少し考えた後、私にこう告げた。

「しょうがない。君、悪いが急いで傘を買ってきてくれないかい。」

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「傘/嵐/温帯魚」への4件のフィードバック

  1. 先生に好意を持っているようだったので、主人公女の子かと思っていました。女の子かわいいね、あたりは男の子っぽかったですが。
    あと推理なのですが、自分でわかっているのか不安です。先生の見解を書いてあって欲しかったですね。雰囲気が推理小説っぽいので、話の空気を濁すようなことにもならないのではないでしょうか。

  2. 時代設定が少々古めかと思って読み出したらビニール傘がでてきたので少しフェイントを食らったような気持ちになりました。文体自体はとても好きです。私はあまり読解力がないので推理は多分わかってないです!全て書いてしまうことが無粋だと判断されたんだとしても、ヒントぐらいは欲しかったかなぁという気持ちですね…。

  3. “先生はサディスティックに少し唇の端を吊り上げた。似合う。”ここまで上手く話しの流れを運んだこともあり、いい意味で気持ち悪かったです。
    序盤の情景描写での淡々とした語り口はいいのですが、他の部分に比べ浮いてしまっているのでもう少し読点が欲しいところです。ひらがなが続くところは、このように読点を入れると『ぎなた読み』を避けることができるかもしれません。
    「」の末尾に句点は不要です。学校では違うふうに教えられたとしても、です。多くの出版社、また新聞や雑誌等でも統一されている事項なので、覚えておいて損はないでしょう。
    また、文字数が2000字弱と多いうえに改行を重ねているので、長いと思ってしまいました。「ビジュアル」で投稿すると一段飛ばしで改行が行われてしまうので、そこは工夫が必要ですね。

  4. ビニール傘とスマートフォンでびっくりしてしまいました。昭和以前の時代設定でも違和感の無い話なので、そのほうが綺麗にはまとまったかなという感じです。

    推理も、最後の段落でなんとなく想像は着くんですが、もう少し結びつきを強めておいてもいいのかもしれません。答えを一つにしておければ、なるほど!ってなるんですけど、本当にあっているか分からなかったのでそこまでにならなかったです。

    世界観はすごい好きです。

    ノルニルのコメントは僕も参考にします(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。