クリスマスは匂いだけ/においのクリスマス/のっぽ

クリスマスは本当にいい匂いがする。
字面だけで香ばしい。まさに一年で最大のイベントであり、世界中の人が心待ちにする日だ。
街はイルミネーションで飾り付けられ、日頃は地味な通りもその日だけはきらびやかに輝きだす。家々はイルミネーションで飾られ、外に出れば嫌でもクリスマスの匂いがしてくる。

僕はクリスマスの味を知らない。いや、僕だけじゃない。誰もクリスマスの味は知らない。

クリスマスは匂いだけだ。とっても美味しそうなイチゴのホールケーキも、ジューシーに焼かれたチキンもクリスマスの味じゃない。赤レンガ倉庫を彩るイルミネーションの海の中を2人で歩くこともクリスマスの味じゃない。サンタの恰好をして家族とパーティーを催すのもクリスマスの味じゃない。全部匂いだけ。

クリスマスは食べた気になる。おしゃれなレストランでディナーを食べて、2人でケーキを選んで、帰り道に手をつなげばそれでおなかいっぱいだ。おいしいクリスマスだったと思うに違いない。しかし、実際におなかの中には何にも入っていない。空っぽだ。口にすら何も入っていない。全部匂いだけ。

クリスマスじゃなくたって七面鳥はおいしく食べられる。クリスマスじゃなくたってイルミネーションはきれいだ。クリスマスじゃなくたってイチゴのショートケーキはデパ地下に並ぶ。クリスマスじゃなくたって赤と白の服を着ることはできる。クリスマスじゃなくたってなんだってできる。全部匂いだけ。

クリスマスってなんだ。みんながクリスマスをさも食べているかのような顔をするけれど、誰一人としてちゃんと食べられていないじゃないか。そしてクリスマスは食べられないくせに、僕らにたくさんの要求をする。ペアリング、ネックレス、バッグ…買ったからといってクリスマスを食べられるわけじゃないのに、プレゼントを贈ることを要求する。

匂いだけのクリスマスなんてもうやってられない。
だから、今年は大きな靴下をベッドの脇にかけて寝よう。
今年こそクリスマスを食べられますように。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「クリスマスは匂いだけ/においのクリスマス/のっぽ」への6件のフィードバック

  1. 段落の最後を全て同じ文章で締める感じが、詩のようで良いなあと思いました。でも、私個人的には、クリスマスの味は知らない、と言うのには無理がある気がします。七面鳥だってケーキだって、クリスマスに食べると特別に美味しく感じる、あれこそクリスマスの味なんじゃないかなって。ディナー食べたらさすがにお腹は空っぽじゃないんじゃないかなって。…屁理屈みたいになってしまいました。それと、クリスマスを食べることとは、具体的に何なんだろうな、とも考えてしまいました。七面鳥やケーキを食べることがそれでないなら、一体どうすれば私たちはクリスマスを食べられるのか?……難しく考えすぎなんですかね。

  2. グループ外からですが、面白いなあと思ったので。クリスマスを食べられないのは、信仰がないからだと思います。だから消費するばっかりで、クリスマスケーキやチキンって基本そんなにおいしくない。大量生産冷凍だから味が落ちる。なんだか表面だけなんですよね。

  3. 中盤のリズムが好きです。
    全体的にテンポが良く、読み進めやすい文でした。
    クリスマスのムードにみんなが酔っている・感化されすぎているということですかね。面白い観点だと思います。

    ただ、匂いだけって表現は少し無理やりだったかなって感じもします。今回のお題が特定的で難しかったから、というのもあるかもしれませんが…

  4. クリスマスの匂いではなく、クリスマス自体が匂いという発想が、大胆でおもしろかった。どういう意味なのか説明しろと言われたら難しいけど、感覚的にすごく分からなくない。
    独特な雰囲気に漠然と楽しくなったり、おいしい食事に素敵なプレゼントで幸せだったり、たくさんの人やモノも動かされるのに、その実体は見えないみたいな感じ。みんなただ楽しくなりたいから、それを探ることなんてすっかり諦めてしまっている。
    食べるために靴下を下げるというのは謎だった。本物のクリスマスを捕まえてやる!というイメージなのか。

  5. たしかにクリスマスって形だけのものって感じがしますよね。子供の頃はサンタさんからプレゼントをもらうという一大イベントがあったけど、大人になってからはクリスマスって結局何をする日なのか説明できなくなりました。クリスマスを食べるには何をすればいいのかがよくわからなかったので、最後の食べられますようにが何を求めているのかがあまりつたわりませんでした。

  6. 発想が面白かったです。テンポが良くて読みやすかったので、クリスマスにはにおいしかないという一見奇妙な考えが受け入れやすかったです。語り手がなんだかんだでクリスマスを嫌ってはいないのがかわいかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。