一年の計/キャプション/なべしま

image
現世利益の神様は怖い。
きちんと祀れば福がある。
棄てれば祟る。
お祀りできなくなったら、
もどっていただかなければいけない。

家のお稲荷さんは、両親が手を合わせている。
私が気にとめるのは、一年で一度だけ。
だから
元日の朝日に照らされて、こんなにも神々しく、
誰もが畏まるような姿を見ると、少し怖い。
自分の汚点をあぶり出されるようでもある。
お稲荷さんの前で、今年こそは清く生きようと
何度思ったかは忘れた。
昨日の立ち眩み、祟りだったりして。
そんな不敬なことを思う。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。