月明りの下で/キャプション/ノルニル

image

 

12月の終わり、後輩の車に乗せてもらって星を撮りに行きました。でもあいにくその日は月がとっても明るくて。
これじゃ星は見えないな、とすこし残念に思っていました。

 

午前3時。自分たちのほかは誰もおらず、街の灯もほとんど届かない島の公園は、驚くことに信じられないほど明るかったのです。
月明りがあたり一面をやさしく照らし、見上げればその姿は夜空にうかぶ太陽のようでした。

 

あまりに地上がきれいに映るので、景色と一緒に撮ってみることに。
明るい月夜も悪くない。考えを改めさせられました。
最初は期待外れでも、そのあとには予想もしないようなことが転がっているのかもしれない。そんなことを感じさせながら、年の瀬の夜は更けていきます。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。