嫌いなものをなくそう/嫌い/ヒロ

「やった、やっと完成したぞ。あの装置が!」
 私は自分が長い年月をかけて開発してきた装置の完成の高揚感に酔いしれていた。だがそれもこの瞬間ぐらいはしょうがないことだろう。私の一生を捧げた研究がついに実ったのだから。
「この装置さえあれば私のあの悩みを解決することができる。さらに世界中の私と同じような悩みを抱えた人々を救うことができ、下らない争いに終止符を打つこともできるはずだ」
 私だけではなく世界中の人々が抱えてきたであろう悩み、それに苦しんできた人々は多いだろう。誰しもが子どものときからなぜ自分はこのように生まれついたのかと思うこともあったはずだ。だがこの装置さえあれば全てが解決するのだ。
「そう、この「好き嫌いなくすくんヴァージョン1.05」さえあれば!」
 この「好き嫌いなくすくんヴァージョン1.05」はその名のとおり人の好き嫌いをなくすことができる。例えば大人になってもピーマンが苦手だったり、トマトがどうしても食べられなかったりしたような人でもこの装置さえあれば今までのそんなこだわりなどなかったかのように食べることができるようになるのだ。さらに食わず嫌いにも効果がある。まあ、あくまで今まで苦手だったり嫌いだったりするものが食べられるようになるだけであって、まずいものがおいしいと感じられるわけではないのでどうしてもその味が許せないというような人やアレルギーがあって食べられないというような人には効果はないのだが。
「それはヴァージョン2.0以降の解決課題だな。それはともかく、これで初号機は完成したのだ。早速発表せねば」
 
 それから私の研究成果は売れに売れた。世界中の好き嫌いの多い人々や子供の好き嫌いを治したがっている親にとって私の研究成果は待ち望んでいたものだったのだろう。さらに、これは私も予想外だったのだが、食糧問題の解決にも私の研究が活躍した。今まで食べる気にならなかったそこらの道端に生えているような雑草なども食べる気になるようになり、どんなものでも美味しく料理して食べられるようになったのだ。
 しかし、そこで新たな問題が発生した。全ての人々の好き嫌いがなくなり、美味しいものなら誰でも食べられるようになったため、私の大好物のものがバカ売れして品切れ状態になり買えなくなってしまったのだ!
こうなったら新しく人に苦手な味だと錯覚させ好き嫌いを作り、私の大好物を守らなければいけない! 私の研究が終わることはまだまだ先のことになりそうだな。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「嫌いなものをなくそう/嫌い/ヒロ」への2件のフィードバック

  1. 1.05の刻み方がじわじわきますね。ナンセンスでテンポのいいショートショートでした。わかりやすくって読みやすい。そこらへんの雑草とかもはや好き嫌いの範疇を超えているので、結構とんでもない発明のような…

  2. なんでこの装置が売れたのかこの装置の魅力は何かいまいちわからなかった。食糧難の時代とかなら分かるけれどそうでもなさそうだし、嫌いなものを普通に食べれるのは必要ないきがする。しかも味が嫌いならダメなんでしょう??と疑問が多かった。

    世界観が伝わらなくて、掴みきれなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。