最愛の人/嫌い/ネズミ

 

あなたが嫌い。

「おれは一生お前の横にいて、お前のこと守ってやる」

あなたは私にこう言った。なんだか安っぽくて、どこかで聞いたことのあるような言葉だったけど、私は嬉しかった。この人を信頼して生きていこうって思えた。けど今、あなたは私の隣にはいない。あの時のあの言葉は嘘だったの?私はあなたをあんなに信じていたのに。私に平気で嘘をつくそんなあなたが嫌い。

それなのにあなたの存在は私の中から全然出ていってくれない。さっきの言葉にしてもそう。あなたにいわれた言葉、匂い、仕草なんかがずっと私の中に居座り続けている。染みついて離れない。私は早く忘れてしまいたいのに。

私の前から勝手にいなくなったあなたが嫌い。私の気も知らないで。あなたが最期に弱々しい声で私に言った言葉はこう。

「おれはもうすぐ逝くけれど、お前なら大丈夫だ。前を向いて進んでくれ」

なにそれ。無責任すぎるよ。一生かけて守ってやるって言ったのに、こんなにもすぐに私の前から消えるの?だったらそんな約束簡単にしないでよ。確かにあなたは不意に病を患った。けどそんなのはあなたの都合でしかない。私には関係ないじゃない。あなたを本気で信じていた私の気持ちを返して。

今私はあなたに置いて行かれたショックから立ち直れないでいる。私の中に居座るあなたに苦しんでいる。けれど私はあなたなんかに負けるような女じゃないわ。長い時間がかかってもいい。意地でも私の中からあなたを追い出してやる。そしてまた前を向いて生きていくの。あなたなんかよりもずっと良い人を見つけて、幸せを手にしてみせる。

けどきっとこれはあなたが私に望んでいる生き方ね。最期の言葉でも言っているように、あなたなら私に新しい幸せを見つけろっていうと思う。嫌いなあなたの願った通りに生きるのは癪だけど、どうやらそれしか方法はないみたい。仕方がないからあなたの望み通りに生きてあげる。

さようなら。私が最も嫌い、最も愛した人。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「最愛の人/嫌い/ネズミ」への2件のフィードバック

  1. なんというか、男が書いた「重い女」という感じがしました。ちょっとした違和感がところどころあるんだと思います。
    でも、「最も嫌いで最も愛した人」みたいな表現、主人公が男なら使えないですよね。男の人も「嫌いだけど好き」みたいな状態ってなるんですか?しかも今回は「嫌いだけど好き」よりもさらにドロドロした状態。性転換文って難しいと改めて思いました。

  2. なんか30位の大人の女性がバーでこんなこと思ってそうだな、というような文でした(偏見)
    悪く言えばありきたりな、よく言えば読みやすい文だったと思います。感情の流れがスムーズすぎるのでもう少しいろいろあってもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。