鬱ごはん/嫌い/ちきん

ある調べものの中で、これまでのグルメ漫画とは一線を画す施川ユウキの『鬱ごはん』という作品に出会った。何がすごいかというと、タイトルからも察しがつくように、まず主人公鬱野が食べることをとことん嫌いであるところだ。初っ端から、「食事とは大層面倒臭い行為だ」「いつか死ぬその日まで飯を食べ続けなくてはいけないと思うと少しウンザリした」など、とてもグルメ漫画の主人公が発するものとは思えないセリフが並ぶ。

そして、食べ物の描写がまったくおいしくなさそうであるところもおもしろい。噛み終えたガムを見て「ナメクジの交尾を思い出した」、届いたピザを開いて「ぺしゃんこになった礫死体みたいやな」、マグロの赤身のお寿司を食べて「血の味がする」など、とことん食欲を削ぐような表現をする。いかにおいしそうに描くか、読者に食べたい!と思わせるか、というところから、まったくの逆方向に突き抜けている。

鬱野は気の小ささと運の無さ故に、食事のたびに微妙に失敗をする。人が後ろに並んでいることに焦って好きなドーナツが選べなかったり、勇気を振り絞って1人焼肉に行くのに閉店していたり、他にも食べ物を落としたりこぼしたりすることがやたらと多い。それが食事に対して前向きになれない理由の一つであるとも思うのだが、就職浪人で一人暮らしの鬱野の孤独感や満たされなさが伝わってきて、ちょっぴりつらくなる。

この漫画は、現代人の食に対する関心の薄さ、多様化したからこその貧しさ、誰かと食べることに意味を見出さない感じなどを、シュールに描き出している。だけどそれを問題として掲げるのではなく、ある程度悟りを開いて受け容れた姿勢であるからおもしろいし、楽な気持ちで読むことができる。「食」に生きがいと言えるほど価値を見出す人もいれば、日々の味気ない食事に嫌悪感を抱く人もいる。最近は、摂食障害などの問題も表立って取りざたされている。「食べることは生きること」ではあるが、様々なスタイルが確立されていく中で、他の人のそれに関して、無理に何が正しいと押し付けることはできないだろう。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「鬱ごはん/嫌い/ちきん」への4件のフィードバック

  1. 漫画の人を惹きつけるポイントがうまく選んであってこの漫画が気になりました。食欲がなくなりそうで怖くもありますが。
    食べることが嫌いなのに寿司やら焼肉やらを食べるのは何かまだ期待があるからでしょうか?この漫画のタイトルや主人公の名前にも含まれる鬱というものは期待よりも悪いことが重なって起こるものだと思います。それとうまいものを食べようとする姿勢と重ねられて面白そうです。

  2. どうにもしがたい現実受け入れることのできる悟り世代って、良いものなのか悪いものなのかイマイチわからないけれど、確かに生きる上では諦めこそが重要なんじゃないかと思うので、最終段落の考察には妙に納得してしまいました。人間は結局己の幸福を自覚的に追い求めることでしか幸福になれないのじゃないかなと常々思っているので、己の幸福の定義から外れている人を引き込むことは出来ないという、押しつけの否定にはここちの良いものを感じました。
    文章の批評というよりも価値観に同意や反意をしてしまう今日この頃、なかなか批評コメントが上手くできなくて申し訳ないなあという気持ち。なんだか毎週同じグループにいるような気がするちきんさんには後ろめたささえ感じます。申し訳ないです。
    いつものふわふわした独白の成功例みたいな独白も好きですが、こうして自分の持っているインプットしたものを用いてまとめ的に考えを綴るのも読ませられやすいなと思いました。くどすぎず軽すぎず、バランスが取れているのがちきんさんの強みかなと思います。

  3. 読んでみたいです、鬱ごはん。好きなドーナツがあることや1人焼肉をしようとする鬱野の行動に疑問が残ります。
    わたしは食べることが大好きですが、それを押し付けるというより鬱野ような人とは一緒に食事をしたくありません。大半の人がそうじゃないでしょうか。となると鬱野タイプの人は孤独に近い存在なのかもしれません。人と食事をすることは便利な手段だと思います。

  4. 読んでみたくなった。上手なレビューや。しかし、ちょっと凡庸かなという気もする。作品の伝えている内容をそこまで普遍的にしまうと、驚きは少ない。こんな読み方もあるのかという提案もできると面白そう。だが、あまりに自分の意見を押し付けるのも違うのでバランスが大事だなとも思う。難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。