嫌ブロック/嫌い/フチ子

嫌いなもの。パクチーとかいう雑草。トイレ掃除を嫌がる男。ニキビ。レジ打ち。ネイルの剥げかけ。裏や可愛くない部分があると信じてかまかけてもボロが出ない性格の良い美人。団体行動。喉痛いのと咳が止まらない風邪。体育。

いろいろあるけど、どれも語れない。興味のないもの、好まないものは徹底的に排除して生きてきた。ママも昔から「好き嫌いなく食べなさい」と口うるさく言うタイプではなく、「これ食べないなら同じ栄養素を含むこれ食べなさい」と勧めるタイプだった。無理して食べた覚えがないから、時が経つにつれて大体のものが美味しく食べれるようになった(雑草だけは克服できないけれどしようともしてない)。

大抵のことは避けられる。性格が合わない人もいるけど、避け続ければ自然に関わらなくて済む。こんなにも人がうじゃうじゃいる世の中で、わざわざ合わない人に固執する必要はない。一人でいる自分を好きになる方が楽だ。

自分の感情を出さない子は嫌いだ(掃除を嫌がる感情を出す男も嫌いだけど)。出会った当初と、その後の会話や関係に進展がなくてでつまらない。感情を表情や言葉、文章で表してくれたなら、私なりに解釈をして、心地よい関係を少しずつ作っていけるのに。

体育、と書いたけれど、正確には違うような気がしてきた。縄跳びや竹馬、一輪車、鉄棒、フラフープは好きだし、歩くのも短距離走も嫌いではない。問題は先生や運動のできる友達に教えてもらうことにある、あれが最強に嫌い。フォームとか、こうすればいいんだよみたいなアドバイスの言っている意味はわかるし、頭の中のイメージは完璧なのだけど、体がその通り動かせない。上手く動いていない私をみて、言葉が理解できてないと思われてひたすら説明が繰り返される。あの、わかれよそろそろという圧に耐えられない。運動できない人の気持ちもわかってよ!という感じ。運動音痴の人しかわからないだろうな、このありがた迷惑。

放置してほしい。自分のできないことは自分がわかっていて、迷惑かけそうになったら自分から去っていくから、貶すか哀れんでくれていい。できないことに対する期待が嫌いだ。このストレスが溜まることで、大きなニキビの原因になる。ニキビこそ大嫌いな産物なので、二重苦だ。嫌いなものからは逃げる。向き合わない。違う選択肢を探す。それでいい。

と言いながら今一番嫌いなのは、バイト先の同僚だ。仕事上避けられない。トイレ掃除も細々した仕事もしない、その人のミスの尻拭いをしたら、ありがとうごめんねもなしで「おつかれ」と言われた。女全員俺の下と思ってるあの人は、度々助けてあげる私は自分に対して何らかの好意を持ってるとでも思ってるんだろう。

早くブロックしたい、さようならしたい。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「嫌ブロック/嫌い/フチ子」への1件のフィードバック

  1. 運動音痴なので体育のくだりに共感しすぎて頭抱えました。理屈ではわかってるんだよ!っていうやるせなさみたいなものを思い出します。嫌いなものを全部避けようとして、やっぱり避けれてないという不満の表現が上手いな、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。