真似事/百合/ゆさん

百合ちゃんは、かわいい。

大きな目に長いまつげ、透けるように真っ白な肌で、その頬はいつも淡いピンク色に染まっている。これまたピンク色の唇に縁どられた口に綺麗に収まった小さい歯。薄いからだは折れてしまいそうなのに、半袖のブラウスから伸びる腕はまっすぐでしなやかだ。

百合ちゃんはかわいくて、この上なく「女の子」だ。

 

百合ちゃんに、彼氏ができた。一年生のときから数えて、4人目のその相手はヤマシタくんという。ヤマシタくんは野球部のエースで、百合ちゃんとは違うクラスだけど、ずっと彼女のことを見ていたらしい。流されやすい百合ちゃんが、ヤマシタくんの猛アタックに負けて、付き合うことになったのだと言う。

流されやすい?ふざけるな。かわいいフリしたこのクソビッチが。誰も嫌わないような人当たりのいい笑顔に吐き気がする。ヤマシタくんも百合ちゃんと同様、異性からかなりの人気で、彼に片想いしている子はたくさんいるのだと、噂で聞いた。百合ちゃんと彼が付き合いだして、傷付いた子がたくさんいることも。

美男美女でお似合いですね、ってか?相手が自分に釣り合うか考えて、脳内会議でオッケーが出たら付き合う。打算にまみれたそれに、どうしようもなく百合ちゃんの「女の子」の部分を感じてしまう。

 

わたしは百合ちゃんより10センチも背が高い。勉強だって、運動だって、全部百合ちゃんよりできるじゃない。体もずっと丈夫だ。なのになぜ、ヤマシタを選ぶ。

ディズニーの新作は、ヤマシタくんは興味ないからってわたしと観に行った。スイーツ食べ放題も、ヤマシタくんは甘いものが苦手だからってわたしと食べに行った。

なのに、わたしに何が足りない?ヤマシタのなにがわたしより優れている?

わたしと映画観に行った日も、スイーツ食べに行った日も、どうせそのあとヤマシタの部屋で、ヤマシタとしかできないことしてるんでしょう。カレシとしかできないこと。オトコとしか、できないこと。

汚い。お前らの関係は、汚い。汚い。きたない。

 

「美紀は美人なんだから、髪長いのだって似合うと思うなあ」

百合ちゃんの何気ない言葉が簡単にわたしを傷つける。成績を褒められたときも、やっぱり背が高いねって隣で笑った時も。百合ちゃんの隣にいるとき、わたしは「女の子」ではいられない。いさせてくれない。「女の子」でいられないのに、ヤマシタたちには決して敵わないのだ。

わたしは百合ちゃんの隣で、髪を伸ばすことはできないだろう。わたしだって、女の子のままで、百合ちゃんに好きになってもらいたかったよ。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「真似事/百合/ゆさん」への3件のフィードバック

  1. 最初、改行がない!って若干衝撃を受けましたが、読んでみると、なるほど、と。
    ただ出てきた言葉をひたすら連ねていく文体とこの改行のない形式はマッチしていると思います。
    この場合の百合には、役割はあるんでしょうか?タチとネコという言葉がありますが、百合のタチ側が同じ役割である男に嫉妬するって構図で解釈していいんですかね。
    そうすると百合のタチって面白いですね。男と違い、あくまで女なので、恋愛がもつれた時こうした女性的感情がむき出しになるので。

  2. 細かい設定がされているせいか、妙にリアルな話のように思えました。百合ちゃんが自分よりヤマシタを選ぶ理由がヤマシタが男で自分は女だからという考えに至っていないように見えたので、主人公は男の気持ちを持った女の子なのかなと思っていたらどうやら女の子でいたいようですね。その辺がちょっと読み取れなかったです。

  3. なんだか、ヤマシタに対する黒い感情をきれいな単語の表現ではなくて、クソビッチが!など、わかりやすいストレートな単語をたくさん使っているのが、女子の心の中を上手く表現していて、よみながら面白いと思いました。

    百合ちゃんという、名前はなにかいみを含んでいるのですか??!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。