なんかもうインプットとか面倒くさい/春課題③/五目いなり

文芸サークル伽藍堂の締め切りは、いつも早い。
完成原稿を集めて作った新刊をイベントに出すのは五月でも、締め切りは三月の末である。
そんなわけで今月も元気に原稿月刊が始まった訳だが、どうにも原稿が進まない。
恐らく、花粉のせいだろう。
はたまた、引っ越しで心が浮足立っているからかもしれない。
それとも、毎週やってくる月曜25時35分の例のあれに心をかき乱されているせいなのか……。
考え得る理由をいくら上げてみても、原稿が進む訳でもなければ、筆の進まない本当の原因が解決する訳でもない。
ああ、もうどうにもならない!
昨年秋の締め切りを7日オーバーしてゴールした私は、再びの悪夢を恐れて古本屋に駆け込んだのであった。

…と、いうわけで、古本屋さんに言ってきました。
ブログ記事が二度続いたので今回は小説調にしようと思ったんですけど、なかなか難しいですね。
最近ツイッターばかりで碌に文章を書いていないので、長くてまとまりのある話を作るのが苦手になって参りました。

そんなわけで当然原稿も進まないどころかまだ数百文字しか書いていないというありさまで、どうにも終わる気がしません。
ワードファイルを開いてみれば今までどうやって文章を書いてきたのか記憶が消し飛び、とりあえず画面に向かっても三時間で増える字数はゼロ、おまけに刻々と迫る締め切りに胃がキリキリと痛みます。
とはいえ締め切りは締め切り、守らなければどんな酷い目に会うか……ああこわい。

ともかくこうして原稿に苦労している私ですが、最近その力不足を解消するために、古本屋さんへ行ってきました。
古本屋さんに行っただけで文が上手くなるなら訳もないんですが、もちろんそうもいかないので当然本を買う訳です。
そこで今回私が買ったのは、伊坂幸太郎の『死神の精度』という小説。
(内容は私の敬愛する伊坂幸太郎先生らしい絶対に起こり得ないけどどこかで起こっていそうな、読んでいてとても心地の良いものなので、皆さん是非読んでみてください。伊坂幸太郎先生は、とても、良いです。)
実はこのほん私はすでに一冊持っているのですが、今回は同じ本を中古で購入いたしました。
どうにも自分は本に線を引いたり書き込みをしたりするのが許せない性質なので、今回買ったこの本は徹底的に私の思う本としての役割を壊し、今はその本の中に線をひいたり書き込みをしたりしております。

本に嫌いな書き込みまでして私が何をしたいかって、そりゃあもうあれですよ、文章研究ですよ、文章研究。
この頃は本当に文章が書けなくて、どうしても段落の繋ぎ方や文章の続け方が分からなくて困っていたので、私が一番愛してやまない作家さん達の本を踏み台にステップアップしようとたくらんでいる訳でございます。
初めから『私には自分のやり方があるしィー』なんて見栄張ってないで、他人の技を盗むのだって立派なことだと思い直しましたので、思い切って先人たちを暴いております。

さてまあ私の話なんかどうだっていいんですが、今まで気にしてはいなかったもののいざ書けなくなってからプロの文章を見ていると、やはり美しさが段違いですね。
会話と地の文のテンポの良さ、リズムに捕らわれない流れる様なフレーズ、行動や心情、情景や説明などを違和感なく一文に収める文章力!
もう今までどうやってこの物語をただの娯楽として読んでいたのか不思議になるくらい、文章の上手さが見えてきます、感動モノです。
そうなってくると、やっぱり一人の作家、一冊の本に焦点を絞ってその作者の文体を盗むことは、割と意義のあることなのではないかと思います。

初めから自分のスタイルがあるからと言って最初から自分の力だけでのし上がっていけるのは、きっと一握りの天才だけでしょう。
だからと言って、知識として集約された情報を初めから取りこむのは、少し味気ありません。
自分が興味を持ったものを自分自身で読み解くことで、知識は知恵になるのではないか、なんてことを思います。

最近は文章を書くのが本当に苦痛で仕方がないし、スタジオの課題なんて一文字たりとも書きたくはないのですが、出来の良し悪しは置いておいてとりあえず何かを完成させる、というのも、まあ悪いことではなかったかなと思います。
自分としてはこの文章がインプットに対応するものなのか否かいまいち測りかねるのですが、一冊の本を通して(本の内容とは無関係ですが)『文章を読み解く』という実験を始められたぞ、ということで、ご容赦いただければ良いなと思います。

ちなみに前回ちょろっと書いたメイド喫茶についてなのですが、あれもまた機会があったら何か書こうかなと思います。
残り5回も何か書かなければいけないのは大変ですが、頑張らねば。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。