ひとまず休戦/俺のスタジオ/ゆがみ

お題は「俺のスタジオ」であるが、現在スタジオが行き詰まっている原因は不満を持っている人がおり、それらの人が自分の意見を曲げないからであろう。もちろん自分の意見を出し合った殴り合いも面白いものだが、勝負のルールを決める段階から殴り合うだけでは進まない。なので、自分の意見を通そうと熱くならずにどうすればみんなが満足できる場所になるかを考えてみるべきであり、ここではスタンスで進める。授業中に出た意見がだいたいその不満に直結すると思われるので、そこから考えてみることにする。

今回話し合いをした感じ、今後のスタジオでの課題は、

①様々なジャンルの文章をどう共存させていくか

②どのようにして文章を外部に発信していくか

③授業中をどのようにして有意義に使うか

といったものだろう。そのそれぞれについて考えてみる。

 

①について。様々な文章を書けるような空気を作ることである。それには各個人への意識付けの徹底のほか、お題や採点形式の変更である。今まで物語を前提にしたようなお題になることもあったので、2テーマに分ける等含めて検討していかなければならない。また、さまざまな形式の文章が乱立して1位を決めるのが今まで以上に難しくなるかもしれないが、採点方式を取り入れるといいかもしれない。しかし、5点満点中全員が3点の文章と5点と1点に分かれる文章が同じ扱いにされるのも良くないので、点数当たりの人数の開示や票数と点数を使い分けて評価するなど工夫が必要だろう。

②について。たびたび出ているように外部をどのようにすれば釣ることが出来るかを考えるのも面白いかもしれない。しかし、ほぼ無名の状態から知られるにはそれなりの炎上的要素が必要となり、そのことに執着してしまっても文章の質や幅、そして実用性が比較的軽視されてしまうような気がする。そうならないような仕組みを作っていければいいが、そうでなければわざわざやることではないかもしれない。

③について。各個人の意識改革が必要だという意見があり、それももっともだと思う部分があるが、意識に訴えて長続きするわけがないので、制度を根本的に変えるしかない。しかし、今の自分にはどのような方法があるのかが思いつかない。何かいい方法が出てくることを望む。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。