もしあれなら態度で示そうよ/俺のスタジオ/温帯魚

僕は単位が貰えればなので、できるだけ楽な感じがいいです。28文字。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「もしあれなら態度で示そうよ/俺のスタジオ/温帯魚」への1件のフィードバック

  1.  で終わるのもなかなかクールだと思ったのですが。しかし僕のプライドもそこそこ面倒なのでこの文章を書いています。題名に照らし合わせるなら、いわゆるツンデレ。果たしてこのコメント欄を何人が読んでいるかはわかりませんが。

     さてはて、僕の持論は「ルールはコミュニケーションである。コミュニケーションは目的のための道具である。従って何らかの目的のためにルールは使われるべきだ」であります。だからスタジオのルールも我々一人一人の目的のために使われるべきと考えています。

     とは言っても目的は人それぞれで価値は変わらず、しかも一人の中でも複雑に絡み合っていてああ面倒くさい、みたいな。

     そこで僕からの提案としては、自らの目的のためだと明確にしたうえでならばいっそルールを破ることを許容していんじゃないか、です。ルールに対して破るという使い方をする、逆転の発想。

     例えば僕は今コメント欄にこれを書いていますが、従来のルールならば文字数やら読者が混乱するやらでアウトでしょう。しかし僕としてはこの形態が面白いと思ったこと、そして自らの主張を表現するうえで有用だと考えたからこそメリットとデメリットを天秤にかけてこの書き方をしてみました。

     このようにルールを破ることにメリットがあると主張した場合、ペナルティを与えることを猶予する、というものです。具体案とするならば掲示板のようなものを用意し、ルール違反をしたいときにそこに言い訳を書くこと。

     掲示板に書かれたルール違反が自分の目的と衝突する場合は(例えば添削をしてほしかったけれどコメントがなかったとか、あるいは単に順位付けのために反論がしたいとか)チャットファイトを始めればいいと思います。もちろん勝敗の付け方は難しいですが、それもまたコミュニケーション。現実的な落としどころを探るか、あるいは決裂すればいいと。失敗もまた一つの経験であり、間違わないことを目的にする意味は個人的にあまりないと感じます。

     以上が僕の提案です。これできっと権謀術数が渦巻くスタジオになると思います。運営方法が変わるにしろ変わらないにしろ、ご一考いただけると幸いです。

    追記:締め切り破ったのもわざとです。わざと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。