既存の形式でもできることはある/俺のスタジオ/エーオー

コメントの有無について悩まれてる方もいるのか、と思ったので、コメントくれくれ人間のエーオーから述べさせていただきます。

私の目標は、文章が上手くなりたいということです。
上手くなりたいというのは、誰かがとっておきたいと思ってくれるような文章を書きたいということです。
(おもしろい物語を書くためには、人と関わることも大事です。苦手ですが、これは自分で頑張ります。こつこつ。)

なので、技術向上の為にリアクションは欲しいです。
コメントで文章にされたもの、直接もらえるもの、どちらにもメリットがあります。
やっぱり、文章にしてもらえれば残しておけるし、深く考えてもらえるじゃないですか。でも、複数人の会話の中で生まれた偶然の産物も楽しい。
焼き直し問題がどう解決できるかは分からないですが、コメント機能はあった方がいいというのが私の主張です。

ただ、現状をみるとたしかにコメントの質?(というか、重要性?)は年々下がっていると思います。
当たり障りないというのはその通りだし。私もしちゃってる自覚あるし。
でも、何をしたらいいのってなる時があるのも分かります。
それでも、諦めてはいけないと思うのです。では、どうするか。

さて、突然ですがみなさん、マッドマックス怒りのデスロードをご覧になったことはありますか?
ひとまず、以下の記事を見てください。ごめんなさい、長くて。ファイト!

①ケアと癒しの壮絶ノンストップアクション~『マッドマックス 怒りのデスロード』~
http://d.hatena.ne.jp/saebou/20150625/p1

上の記事のテーマに類する批評は多かったです。ひとまず、この映画を批評するうえで基礎となる考え方と言うか、まあ、まずはこうだよねというか。

では、こちらはどうでしょう。

②うたのしくみ Season2 第8回 WM、もしくは『マッドマックス怒りのデスロード』
http://modernfart.jp/2015/08/12691/

いや、私この批評見てから映画観たんですね。そんで「いやいやいや…いや、いやいやいやそんなんあるかぁ〜??」ってなりました。
突飛すぎない? 本当にそうなの?
でも、そんな疑うよりも、知識と発想があったらこんな凄いことまで見出せるんだ! ってことでした。

だから、なにも言うことが無いってなっても、そこからスタートしないといけないんだと思います。
そのためには、やっぱり多分膨大なインプットと時間をかけて考えることが必要なのも分かります。
なので、がんばるしか、ないかなと思うのです。
まあ、これはあくまでも私の目標で、スタジオ全体のためになるかは分からないんですけどね。
ですので、グループという制限のある中頑張ることも大事だと思いました。

こっからは弱音!

私、場の環境にも環境にも左右されて言いたいことの言い方も変えるし、発言なんてほぼノリみたいなところあるし、感情のまま外に出しちゃうし、あんまよくないなと思いました。反省。全体を把握していこう。とりあえず、みんな私のこと信用しないで「あいつの発言はすべて試し書きだから、修正を前提としている」と思ってほしい。いや、自分でやれって話なんですけど。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。