スタジオ運営案。。/俺のスタジオ/T

・スタジオの時間(木曜3限)の使い方

13:00~13:30(時間厳守)                   課題の文章のテーマについてグループディスカッション

13:30~14:00(時間厳守)                   次回のテーマ設定のためのグループディスカッション(グループごとに次回テーマ案を一つにまとめる。)

14:00~14:30  (時間厳守)                   次回のテーマについて決定。(各グループが自分たちの案について簡潔に、しかし全力でスタジオメンバーへプレゼン。各テーマ案ごとに質疑応答を受け付けた後、多数決によりテーマ決定)

 

・課題のやり方

木曜のスタジオ内で設定したテーマに沿った文章を、各々が「横国人文清田スタジオブログ」に公開。(締め切り水曜12時) facebook上で事前に決められたグループに文章を振り分け、自分のグループのメンバーの文章にコメントを付ける。ただし、そのコメントの内容は、文章の構成に関するものに限定する.   

 

 

以上のようなスタジオ運営をする場合…

①スタジオの各々が自分が書きたい文章(小説なら小説、エッセイならエッセイ…など)を書くことができ、なおかつグループディスカッションが盛り上がるような優れた課題テーマをみんなで設定することが重要になります。またそのようなテーマはみんなで一つの答えを見つけるようなものではないため、スタジオ全体でのディスカッションは行いません。グループワークを通じて、テーマについて個々の考えを深めることを目的としています。

そしてポイントは各セクションを30分とし、その決められた時間を守ることです。短時間で難しいテーマを決めなければならないので集中力が求められるし、だらだらやるよりもグループワークをする力がつくはずです。

 

②スタジオでの話し合いとブログでの批評コメントの差別化を図るために、批評コメントの対象を、書いてある内容ではなく文章自体(段落、言い回し、文の長さ、読みやすさ、レイアウトetc…)に限定します。こうすることで批評する側も的が絞りやすく、的確な批判などができると思います。ここをなあなあにしてしまうと文章力の向上が見込めないため、注意が必要です。また以前までのグループ数だと、1人が書いた文章がほんの数人の目にしか触れないということもありえるので、グループの数を少し減らしてメンバーを増やすことで、より多くの批評を受けるようにした方がいい気がします。

 

③スタジオのモチベーション向上のために、優れた案を出し、良いプレゼンをしてテーマ案が採用されたグループに、何か利益が出ても面白いと思います。

 

前回休んでしまって話し合いに参加してませんが、こんな案を考えてみました。

 

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。