皆の嘘が世界を救う!?/嘘/オレオ

皆んな、嘘付くのはいけないっていうけどさ、やっぱり必要だと思うよ、嘘。
なんで皆んな嘘を付くことに対して叩きまくるかっていうと、嘘を付かれたっていう立ち位置で全て考えてるからだよね。

ただそれだけ、自分が嘘付かれると不快だから、嘘ダメ絶対的な。

でも、自分が嘘付く分には当たり前だけど自分で自分を正当化して許しちゃうよね。これはしょうがないってね。だから、このシチュエーションは嘘付いた方が全てが円滑に済むなってな感じで人はナチュラルに嘘を付く。冷静に考えてみれば非常に合理的かつ論理的。嘘付くことによって、嘘を付かなかった場合に生じる衝突や摩擦を防ぐことができるんだから何も悪いことは無い。

これが唯一デメリットになる時は、その嘘が相手にバレた時だけ。それも、嘘付かれて傷ついたからっていう感情論だけで問答無用に叩かれる。加えて嘘を付いたことによって信頼とか信用を結構な割合で失う。こうしてみると、嘘ってギャンブルなのかもしれない。嘘をつき通せばギャンブルに勝って今まで通り円滑な人間関係を構築することが出来る。嘘を付いたことがバレてギャンブルに負けたら、そこ信用というチップを根こそぎ持ってかれちゃうみたいな。

でも中には「良い嘘なら付いてもいい」とか抜かす輩がいるわけですよ。なんだよ「良い嘘」って。いや、分かるよ。本当はどういう嘘のことを言ってるのか何て僕だって分かってますよ。相手が知りたくない事実をあえて言わないで、代わりに嘘を言って相手を安心させてあげるみたいな感じのヤツですよね、ハイ。でもね、それって本当に「良い嘘」なのかね。僕からしてみれば何も知らない「良い嘘」を付かれた人は凄く滑稽で哀れなな人間に見えてしまうと思うんですよ。つまり、悪く言ってしまえば他の人が事実を知っているのに、自分は何も知らずにのうのうと生きてるってことだからね。例えその人がその事実と立ち向かえる意思を持っていたとしても、「良い嘘」を付かれたせいで、解決できるはずの事実が抹消されてしまったのだから、永遠にその人はその事実に立ち向かう機会を失っちゃうってことだよね。それって案外虚しい気がするんだよね。自分の力量が相手の優しさという自己満足で測られちゃうんだから。

まぁ、こうして書いてみれば嘘を付くことは絶対に悪だ!って言えるよね。でも、ここでやっぱり言えるのは、付かれた本人が気付かない、つまりは嘘付いたことがバレなければ全て解決なんだよね。

だから、改めて言うけど嘘っていうのはバレなければ全部丸く収めることのできるソサイエティの古代兵器みたいなもんだよね。つまり、皆んなが皆んなバレない嘘を付きまくれば結果的にそれが世界平和に繋がるんじゃないかな。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「皆の嘘が世界を救う!?/嘘/オレオ」への5件のフィードバック

  1. 嘘というものがこの社会を円滑に回すための歯車になっており、欠かすことができないようになっていることには同意できる。
    しかし、優しい嘘はそれほど悪いものではないのではないかと思う。優しい嘘というのは人の善意によって行なわれるものであり、善意で行なわれることがなくなってしまえばこの社会は無味乾燥としたものになってしまうのではないだろうか。

  2. タイトルで内容をいろいろ想像したあとに読んだので、世界平和に繋がるという終わりは雑な印象を受けてしまった。もっとそこを掘り下げてどのように世界平和に繋がるか具体例あげたりすると良かったのかもしれない。

  3. 語り口調に同族嫌悪のとうなものを感じてしまった。
    最初に嘘は必要と言いながらも「良い嘘」に対してのバッシングの強さに違和感を感じたが、自分自身「良い嘘」みたいなものをつかれ、それがわかって嫌な思いをしたので気持ちはわからなくはない。
    「嘘=ギャンブル」という考え方は大変面白いと思った。

  4. 今回みんなの文章を読んでいて、文章が好きな人や苦痛を感じない人、トピックに興味がある人は読んでて分かるし面白いだろうけど、そうじゃない人は「それで?」で終わってしまうかもしれないなと感じた(舐めすぎ?)。
    読もう! とすると読んでて面白いけど、その読もう! という気持ちを誘発させるのってきっと難しい。それを回避するには、一つは物語にすること(感情がのるから話題を追いやすい? 上手くできたらだけどね!)、あとはひたすら身近な具体例を挙げていくことだろうか。文字数制限もあるが、論理の提唱で終わってしまっている印象。
    個人的には、いい嘘をいいねと言う風潮を叩く、つつく、というやり方が、毒舌芸人みたいな一定の需要のあるトピックだと感じたので、そこを掘り下げたものも見てみたかった。

  5. タイトル詐欺、のような気がする。
    世界を救う!の世界は世界中、地球まるまるひとつ、という意味かと勘違いしたので……。
    良い嘘ならついてもよい、なら良い嘘とは何か?の問いからバレない嘘を吐けば全てが丸く収まる、という結論まで、流れとしてはどれも個人的に共感できるものではありますが、語り口調で書かれるとどうしても説得力がなくなってしまう気がします。
    語り口調は今回の内容に合う文体では無いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。