ぷかぷか/嘘/ちきん

少し前までまったく予測のできなかった状況や、だいぶシュールな瞬間に出くわしたとき、今こうしているのが不思議だとかカオスだとか、ネタとしては言うけれど、ほんとうはそれほど動揺していないし、必然であるかのように受け止められている。衝撃が強ければ強いほど、一度無力感半分にああ…と落ち着いてしまって、相応しいリアクションが遅れる。なんだかすごく焦っているようだったとしても、少なくとも、その場の空気に合わせて適当な言葉を発するくらいの余裕はある。

リアルとリアリティはまったく違う。現実にはいつもリアリティがなくて、情報をぜんぶ整理して、納得できたあとで考えればすべて美しい物語として編むこともできるけれど、そのときを生きている時点では、ただただそれっぽくなさに、びっくりしてしまうだけ。だけど、たびたび経験すれば、そのリアリティのない現実にも慣れてしまうはずだから、毎回きちんとリアクションのできる人を見ると、羨ましさも相まって、嘘つきのように思ってしまう。

画面を覗きながら、機械的にいいね!を押し続けるからか、別にどうでもいいことに、真顔で「笑った」などと返すからか、どこまでが自分の素の反応なのか、自分でもよく分からなくなってしまった。誕生日サプライズは、とっても嬉しいけど泣けないし、おもしろい人はだいすきだけど、あまり笑えない、素敵な文章を読んでも、興奮したってことをいちばんに上手に伝えられない。その気持ちと表現の不一致は、仰々しいほどにリアクションする人に比べて、決してありのままなんかではなくて、ほんとうは私が嘘つきなのかも知れない。

不器用でチキンだから、自分が思わず不機嫌になってしまったとき、どのタイミングでどんな風に元の空気に戻そうかとか、まだ機嫌がなおらない振りをしながら一生懸命考えなくても、自然にどうにかなる相手には、甘えてしまおう。みんな嘘つきだから、はじめから誰とも通じ合っていないし、もし誰かに裏切られて傷ついたと感じたとしても、それさえも自分が自分に思い込ませているだけのものかも知れないから、だいじょうぶ。

3 votes, average: 4.33 out of 53 votes, average: 4.33 out of 53 votes, average: 4.33 out of 53 votes, average: 4.33 out of 53 votes, average: 4.33 out of 5 (3 投票, 平均点: 4.33,  総合点:13  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「ぷかぷか/嘘/ちきん」への1件のフィードバック

  1. 日々濁流のように流れている生活を冷静に捉えていることは評価できます。
    しかし最後の段階からして「甘えてしまってもいいじゃないか」ということを結論としているようですが、そうであれば文章全体として「甘えたい人」をターゲットにすべきでしょう。この文章だと最後の段階でようやくそのテーマになるので、メッセージを伝えたい相手に気づいてもらえないのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。