相席屋/どうなの?/オレオ

相席屋なるものを皆さんはご存知だろうか。入店は基本二人から、入店すると異性ペアとの席に案内され、その相席となったペアと一緒にお喋りやら食事を楽しむという画期的な居酒屋である。しかし、入店前にはそれぞれ身だしなみチェックという厳選な審査が行われ、サンダル・ツナギ・上下ジャージ等、出会いの場に相応しくない服装であった場合は門前払いされてしまう可能性があるほどの意識の高い居酒屋なのである。しかし、驚くべきところはそこではない。この相席屋の真骨頂はその料金システムである。女性の場合、食べ飲み共に無料、それも時間無制限。一方で男性はというと、食べ飲み放題は初回1500円、加えて10分延長する毎に500円分課金しなければならないという超破天荒なシステムなのである。

正直これはどうなのだろうか?

確かに、女性優遇はこの相席屋に限ったことではない。街コンや婚活パーティー然り、このような集まりは基本的に女性の方が男性よりも集まりにくいため、バランスを調整するためにもこういった優遇は致し方無い。

しかしだ。

いくらなんでも飲み食い無料、それも時間無制限というのは如何なものか。女性がこのシステムをうまく活用すれば、一切食費に金を使わずに過ごすことだって可能になってしまうではないか。無論女性からしてみればこれほどまで女性優遇に特化した店は願っても無いことだろうが、足元を見られている男の立場からするとどうも納得がいかない。しかも、この相席屋。相手が気に入らなければ店員に申し付けて「チェンジ」することが可能なのだ。例えば醜男がこの理不尽なシステムを飲んで相席屋を利用したとしても、30分経てば問答無用にチェンジされてしまうということも起こり得るのだ。男は比較的高めに設定された金額を女性の分も払っているのにも関わらず理不尽な待遇を受ける。無料飲食者の分際で「チェンジ」を唱えるのは些か強情というものではないか。個人的には無料で飲み喰いできているのだからそれだけで十二分な気もするが、そう単純な話ではないのだろうか。それに、なにも女だけがそういった思いをする訳ではない。男も同様にそれなりのリスクを負っているのだ。もちろん可愛らしい女性が相手なら願ったり叶ったりだが、もちろんそれすら神の気まぐれ。美人と相席になることもあれば運も尽き果て、醜女と延々の30分を共有することもある。大枚を叩いて醜女と相席した日にはそれはもう何とも言えない後悔しか残らないことであろう。

別に私はここで男女差別がどうということを訴えるつもりも無いし、男は女より優っていると主張するわけでもないが、単純にこういった優遇に何の疑問を持たずに甘んじている女は女性冷遇がどうのこうの言える立場ではないなとふと感じたのである。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「相席屋/どうなの?/オレオ」への3件のフィードバック

  1. 確かに相席屋の女性優遇は極端ですね。お店としては女性を雇うよりは安上がりかもしれませんが、あまりに優遇が過ぎて私なら居た堪れないか、一体何がそんなにリスクなのか疑うレベルです。男性側もお金はこっち持ちだから、と変に意識してしまうのではないでしょうか?

  2. 内容にもう少しひねりが欲しい。見つけてきた題材自体は面白いと思うが、いかんせん展開が素直すぎて面白みがない。他の例を出すなり視点を変えるなりしないと結論に説得力もない。

  3. ジェンダー論は発言するだけで、大きく反応されてしまう話題であるので、一般的な論、なんとなく当たり障りのない論になってしまいがちだと思う。ネットを媒体にしているので発言には責任を持たなければいけないが、少しぐらいは批判されそうなことも言っていいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。