割り切れない/距離/ネズミ

私は東京の八王子という場所で暮らしている。そこは東京というのが疑わしいほど緑に溢れた田舎であるが、知名度だけは全国的にみても高めであると自負している。そんな八王子から私は今でも学校に通っている。時間にしてなんと片道約2時間!往復で4時間!私は週に4日学校に通っているから、単純に計算して週に16時間、1カ月に64時間、1年(夏休み、春休みの期間を除く)で512時間を移動に費やしていることになる。こうして今初めて計算をしてみて、具体的な数字を目の当たりにするとちょっと引く。

 

ではどうして一人暮らしをしないのかと思う人がいるかもしれない。実際にこれまで何度も同じ質問を受けてきた。その度に私は決まってこう答える。

割り切れない距離なんだよ!!

そう、頑張れば通えてしまうのだ。人文だから理系とは違い1限が少ない。同様に5限もない。元々我慢強い方であるから、毎日の長距離移動でも耐えられてしまう。よって通えてしまう。

なんならもう少し距離を伸ばして山梨辺りにでも実家があってくれれば、「ああもうそれは仕方ないね。一人暮らしするしかないわ」となってくれるのだが。中途半端に遠いところにあるからこうなる。八王子ってそういうところなのだ。どこに行くにしても中途半端に遠い。渋谷とか新宿といった都心に出るのにも中々時間がかかり、横浜から都内に出る方がよっぽど早い。同じ東京都なのに。八王子に住むってことはそういう運命なのかもしれない。

この距離に悩まされることは多々ある。飲み会で潰れたときも、次の日に予定があったりしたらしっかり帰らなければならない。潰れたやつが移動する距離じゃない。電車に揺られ気持ち悪くなり、何度か吐くために途中下車しながら3時間かけて帰ったときもあった。また大学の友達に急に呼びだされたとしても駆けつけることができない。

「バイトのあとこっち来れない?」

「バイト終わるの夜の11時とかだから、そっちつくの深夜1時とかだけどいい?」

「………」

そりゃそうなる。そもそも終電終わってるんだけど。

 

このようにここ2年間、私はこの距離と戦ってきた。じきに慣れると思っていたが、時が経つのに比例して面倒くささが増していく。だがこの先も私は一人暮らしをしないだろう。もはや意地。長距離登校を一つのアイデンティティとして、私は4年間実家暮らしを名乗り続けることだろう。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「割り切れない/距離/ネズミ」への1件のフィードバック

  1. これまでのネズミくんの文章にはしばしば、通学中の電車内で物思いにふけるといったものがあったので納得の内容でした。
    今回色々な人の文章を読んでいて思うのですが、自分の立ち位置が書き始めと終わりで変わらない人が多いイメージがあります。だからなのか、はじめから見えている終わりへ向けて、あっさりと閉じてしまうものが多いと思ってしまうのかもしれません。
    確かにこの字数で考え方の変遷を描くのは難しいですが、ものを書いたことによって筆者の中に何か変化があって、それが見えてくればきっと面白いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。