不器用なダブルクリック/身体/エーオー

 「思わず」という言葉がある。
 世界で一番信用できない。
 肩に衝撃が走る。サラリーマンは行ってしまった。こういう時すぐに「すみません」と言えればよかったと思う。だけど、なんていうか、エレベーターが死ぬほど遅い。声が喉元まで昇ってくる気もなくて、いつもそれで代わりになるかのように少し、立ち尽くす。
 横断歩道の前で止まった。途端に疲労がのしかかる。あくびをするにも、頬の皮膚までやめてくれと悲鳴を上げて引きつれた。息が白い。冬の朝は冷えるし、俺だってまだ寝ていたかった。でも。
 たとえば、好きな人を抱きしめる人。いじめられっ子の前に立ち、相手に言い返す人のシーン。どうして? と聞くと彼らは言う。「あのときは、思わず身体が勝手に」。そんなの、絶対に嘘だと思う。
 信号が青に変わった。自然に一歩踏み出す。
あ、これは「思わず」だと思った。

「おはよう」
 教室に入ると、暁がほっとしたように声をかけてきた。すこし可哀想になるくらいあからさまな、縋るようだった表情がすこしほどけた。
「よかった、これで男子が三人になった」
「ね。ありがと、遠野くん」
 女子との慣れないやり取りにごにょごにょして鞄を置く。暁ならまだ同じ部活だが、喋ったことなど皆無に等しい。教室には普段の三分の一弱の人しかいない。学校の合唱祭まではあと二週間だ。
「朝練、人増えないね」
 キーボードをいじりながら小間沢がため息をついた。
「琴美さあ、もっかいちゃんと来てほしいって言った方がいいよ。やばいよ」
「うん、がんばる。まあ今日はテスト前だししょうがないよ」
 合唱祭のクラス委員になってしまった暁は明るく言った。しばらくして、頼りなさげな声が寄り添うような歌が教室に広がった。

 毎年、この行事って何のためにあるんだろうと思う。
 テストが終わった開放感から、学校中が騒がしい。ロングホームルームは合唱祭の練習に当てられたが散々だった。テノールパートが練習しているはずの廊下からは、音楽が聴こえなくなって久しい。義務的にデッキの巻き戻しボタンを押した。
「あ、遠野くん。バスは全体合唱いけそう?」
 暁が廊下から入ってきた。
「たぶん、逆に俺たちだけだとやりにくい」
「そうだね。よかった、なんかテノールの男子がどっかいっちゃってさ」
 困ったように息をついた。その後ろから、派手目の女子が連れ立って出ていこうとする。暁が慌てて呼び止めた。
「えっと、ごめん、そろそろ全体で合わせたいんだけど」
「あれ、今テノールいないんじゃなかった?」
「そう、なんだけど」
「ふーん。自販機だけ行ってきてもいい? もしいたら呼んでくるからさ」
「あ、うん。ありがとう」
 もし、「思わず」があったとしたら。ちゃんと練習しろよとか言ったのだろうか。でも現実でそんなことはなくて、声のつるべは重く腹の底でぴくりともしない。俺のような地味なグループの人間が、上の方のやつに何か言ったって無駄で、っていうか言う前から無駄で、だからどうにもならない。
「琴美、どうする」
 伴奏の子がこちらを見た。
「うん、どうにか、する」
 暁は苦しそうに言った。

「おつかれ」
 教卓の横にデッキを置くと、暁に声をかけられた。
「おつかれ」
「うん。テノールが廊下にCD置きっぱなしでさ。よかった、見つかって」
 練習は終わり、すっかり誰もいなくなっていた。声をかけてきたくせに、こちらの顔をみないようにして暁はCDを教卓にしまった。
 なんとなく、予感のようなものがあった。
「なんかさ。私、だめだね」
 そう言った声が震えていた。聞いた瞬間にもうだめだった。
 顔を覆って暁はまるくしゃがんだ。がらんとしたクラスに水の音が響いて、よっぽどここから逃げ出したかった。やめてくれよと思うのに、身体じゅうにかなしみを浴びせられたまま俺は立ちすくむ。
 「思わず」なんてできない。慰めるような言葉もでてこない。身体は勝手に動いたりしない。風船みたいに無駄に漂うこころも、いつも鉛の重しに括りつけられている。
 でも、だから、「思って」足の裏を引きはがした。
 左足が動く。しゃがむ。馬鹿みたいに動作を意識している。平均台の上にいるみたいに、なにをしたって確かな気がしない。それでも。
 ぎこちなく手を伸ばした。関節が軋んだ気がする。どうすればいいか分からなくて、なんとか肩を叩いた。つたない不格好なダブルクリックのようなテンポになって、それでもかまわないと思った。
 びくびくと肩のふるえが伝わって、それにまた怖くなる。それでも離せなくなった手の行き場のことを、隣にしゃがんだまま、ずっとずっとずっと考えていた。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「不器用なダブルクリック/身体/エーオー」への2件のフィードバック

  1. 最初のシーンはちょっとうまくいかなかったと思います。「思わず」を肯定してい待っているのも良くないと思われます。同じ物語のつながりの中で入れようとしているのもうまい表現を難しくしているのかもしれません。逆にここは一般論に終始してもいい気がします。
    最後は意識はあるけど体が動かせない金縛りのような状態をうまく表わせていると思います。

  2. 自分も何かと考えてから行動に移すタイプであるので最後の主人公の気持ちには親近感を覚えました。そんな自分でも身体が思わず動くという経験がないわけではありません。そこの差というか境界線ってどこにあるんだろうと考えさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。