私なりまとめ。/俺のスタジオⅡ/三水

遅くなりまして申し訳ない。
罪滅ぼしに、自身含め皆さんの俺スタⅡをまとめてみました。
よければご活用ください。
(各発言者名があったほうがいい場合はご一報ください。)

【立食】
〈メリット〉
・グループ問わず話したい人話したいことに触れられる。
・文でなく言葉での説明ができ、ニュアンスや距離感を測りながら話せる。
・直接言われると嬉しい。
・一人という選択肢がある。(作業にまわせる)
〈デメリット〉
・時間をもて余す。
・話しかけるまでのハードルに個人差がある。
・だらける。
・批評がしにくいこともある(?)。
・嗜好や傾向により徐々にグループ化していくのでは。
〈解決案〉
・グループワークを合わせて行い、時間を調整する。
・先に次回テーマを決めておくことで、話す内容や作業に幅を持たせる。
・批評はコメントでしっかりと。

【テーマ】
〈メリット〉
・テーマによる偏りや書きにくさが減る、もしくは単純に面白味がある
ものが採れる。
・通常のグループワークがだらけにくくなる。
・先数回分決められる。
〈デメリット〉
・グループによっては時間が余る。
・プレゼンをすることで範囲が狭まる。
・他と並立するには時間がかかる。
〈解決案〉
・時間が余ったグループは複数考える(?)。ただし票が割れる可能性がある。
・プレゼンは任意。(個人的には「田辺悠希」はプレゼンや説明ありきの面白さだったので)
・元は思いつき(失礼)でのテーマだったのなら、時間は明確に区切るなどして、限られた状況で一案だけ捻り出す形式でもよいのでは?そこからの投票制順位ごと採用。

【サイバー】
〈メリット〉
・心おきない批評が可能。
・自身の作品などの(正直な)意見がききやすい。
・教室にいかなくてよい(?)。
・平行して様々な話題に触れられる。
・ログが残る。
・時間の区切りなく任意で議論可能。かつ話題ごとに場が分けられる。ツールとして優秀なのでは。
〈デメリット〉
・不必要な攻撃性。印象批判。
・通信環境や充電など、機能的な不便。
・話題の舵取りが難しい。
・慣れるまで受け身になってしまう。発言を躊躇してしまう。
・重なる発言により匿名性が薄れるのでは。
・文章向上のために得たものがあまりない(話題による)。だらける。
〈解決案〉
・発言できる場(板)を増やし、話題の指向性を持たせる。最低でも一つの場では発言しやすくなる環境を。
・サイバー回の前に打ち合わせをしておく。(今回は初回だったための混乱か。次回以降必要かは不明)
・あくまでスタジオであるという意識をもって発言する。雑談や批判は最低でも通常のグループワーク程度に。

【コメント】
〈提案〉
・匿名にするかしないかは任意にする。(都合のよいときには名前を出す、など使い分けることで、立食やサイバーでは話しかけるきっかけになるかなと。)
・グループ内でのコメントはそのまま、もしくは、他全員ではなくグループ内二人以上、全体四人以上など幅を持たせる。
・一斉承認が可能なら、そうする。(匿名性の保持)

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。