アーメンなんてくそくらえ/模倣/キリスト

こんにちは、イエスです。皆からはキリストって呼ばれてます。仲のいい友人からはキリちゃんて呼ばれてます。弟子達からは先生なんて呼ばれていい気なもんです。「キリスト先生おはよう!」と言われて、「イエス!」って答えると少しだけうけます。

まぁどうでもいい話なのですが私は、こんな他愛もない関係が楽しくて仕方がなかったのですが、私が教えを皆に説き始めた辺りから、皆の態度が一変しました。なんか弟子達はよりいっそう私のことを持ち上げるようになり、友人達も凄い凄いと私を褒め称え、全員今までタメ口だったのに、敬語を使うようになりました。

いやいやいや。教えってあれほとんど私の妄想だから。なんであいつら真に受けてんの。イエスジョークだよ。いつもやってるやつじゃん。なんで教えのときだけ持ち上げてきてんだよ…。よく考えればそんな凄いこといってないぜ!

そして、あのバカ達がこの話を信じこんで無駄に私をこのこと持ち上げたせいでユダヤの方々に目をつけられて私は処刑されることになってしまいました。「うわ、もう最悪だよ!」嘆いている私に「でも先生は神の子だから死んでも生き返るんでしょ?」…はぁ?ここに来て私はいかにここにいる奴等がいかれているかということに気づきました。

そんなこったで処刑の前の日の皆さんもご存じの最後の晩餐の日です。あの絵もあんなかっこよくかかれてますけどあの時の空気は最悪でした。みんな私の復活を勝手に祝っているわけです。さすがにこのまま死ぬわけにはいきません。ていうか死にたくもないので、影武者をたてることにしました。

作戦はこうです。まず影武者に死刑台にまで上ってもらって殺されてもらいます。私はというと、私を埋めることになっている場所より少しだけ深いところにあらかじめ埋まっておきます。そして、皆が涙と共に影武者を埋め終わったところで今まで埋まっていたはずの私が土の中から勢いよく飛び出し、復活と。正直穴はありそうですがこれにかけるしかありません。

そして、処刑当日、影武者はさすがのできで、私のためなら死んでくれると言っていました。これは行けるぞと思っていたのですが最後の最後に問題が発覚しました。
土の中では息が出来ない。あまりの苦しさに私は、埋めるよりはやく土の中から出てきてしまいました。皆が困惑していたので、なんとか誤魔化さなくては思い、ザ・たっちの幽体離脱のギャグをやると、思ったより誤魔化せました。後は私に皆が触れられるということが問題でしたが、それも凄い体に水をかけることで「冷たいだろ、これ死んでるんだぜ」とかいうとなんかみんな泣いてくれたので万事解決です。

こうして、なんやかんやで私は神になりました。色々今の世の中神様のせいにするやからが増えていますが、このように私をはじめとする神様にはなんの力もないので皆が強く生きていきましょうね。

おはよう/模倣文/リョウコ

「あ、おはよう~」

 

わたしと目が合うとすぐに微笑んで朝の挨拶。

きっとわたしがどんなことをしても、どんな秩序を破るようなことをしても、どんな罪を犯しても、変わらずそうしてくれるんだろうと思う朝の挨拶。

いつも通りあなたは、わたしに微笑んでくれる。それが崩れることはきっとない。

 

あなたは強い。きっと今も辛いだろうに。あなたにとって大切なものがありすぎて、それをどうやって守ろうかいつもいつも考えてる。弱音なんて一切は吐かずに全部ひとりで守ろうとしている。

 

「おはよう」と返したけどちゃんと笑えてたかしら。あなたみたいにいつもの笑顔を向けられたかしら。

わたしはあなたと違うから。あなたみたいに強くできてない。弱音はすぐに周りに吐き散らして、守りたいものを傷つけることもいとわない。辛いことがあると笑顔は消えて「おはよう」は言わなくなるし、あなたみたいに頑張らない。

 

胸までくるくる伸びた黒髪が今日もぼざぼさしてる。ちゃんとトリートメントすればいいのに。かわいそうな髪ね。暑いなら結えばいいのに。重そうな髪ね。わたしが切ってあげましょうか?

 

「どしたの?大丈夫?」

 

気づくと目の前にあなたの顔。きょとんとしてる。きっとわたしの考えてることなんて微塵もわからないだろう。

 

「ううん、大丈夫」

 

とびきりの笑顔を向けたけど、あなたの顔は見れなかった。

ムーンリバー/模倣文/ノルニル

好き、が唇から零れた夜は、とってもうつくしい夜だった。

頭のちょうど真上で輝くまんまるい月。月光を受けて銀色に輝くアスファルト。頬を撫でる湿り気を帯びたぬるい風。それらが包み込む、私のささやかな「好き」。

え、と君が小さく声をあげて私を振り返った。立ち止まる私、立ち止まるあなた。心臓がきゅっと締め上げられて、甘い気持ちが蜜のように溢れ出す。ずっと秘密だったあなたへの好き。

ああ、どうしよう言ってしまった。
上手く取り繕うことができなくて、俯いて唇を噛みしめる。言いたいことはたくさんあったはずで、何度も何度も頭の中で繰り返しこの場面を思い描いてたというのに。

月光を背に負うあなたの表情がわからない。
困ってるかもしれない、怒ってるかもしれない。もしかしたら、泣いてるかもしれない。

終わりなのだ、と私は悟った。
あなたとふたりで出かけるのが楽しかった。見たことないもの、聞いた子がない音。ふたりで「はじめて」を味わうのはうれしかった。
あなたと居るのは苦しかった。あなたの何でもない一言に舞い上がったり、落ち込んだり。何も知らなず笑うあなたを恨んだ夜もあった。
あなたのすべてが大事だった。結い上げた髪、三白眼の目、跳ね上げたアイライン、香水の匂い。
あなたの漏らす何気ない一言を全身で聴いた。あなたの見せる全ての表情を網膜に焼き付けた。
私は、あなたでできていた。
もう、終わりなのだ。
ぬるくてやさしい風が二人の間を通り抜けた。足元に落ちたあなたの影が、銀色の川を割る真っ暗な谷をつくりだす。
飛び越える勇気は、私にはない。
不意に、あなたの唇が動いた。私は顔を上げた。白い腕が此方へ伸びてきた。私は唇を動かした。あなたが笑った。私は、私は。

相似/模倣文/T

雨に唄えば、なんていうのは嘘で、心地よいものではなく、だらだらと空から滴る雨粒に湿るだけな気がする。涼は雨の日は楽しいなんて言って、お気に入りの赤い色の傘を開いて笑っている。水を差すものでもないから、別の生き物を見ているような気分だった。だから不愉快でもないし、涼は何も悪くない。

「雨の日っていいよね」

「楽しくない」

「そう?好きなんだけどね」

涼のことは嫌いじゃないよ、そう言おうとして顔を見ると、今日のイヤリングは紫陽花のモチーフで、小さな花をみっしりと固めた面白い形だった。

「それいいね」

「これ」
と涼は嬉しそうに首に手を這わせる。
ブラウスの襟に、見えるか見えないか、限界のところに赤い石の付いたネックレス。

「この前見つけたんだ。誕生石と同じ色」

そう。でもそれね、私それ聞いたよ、前にね。忘れた?何度も話しておきたいものなのか、きっと単純な理由だろうけど、うん、似あうよ返す。私もきっと、涼の中では時々ぼんやりとした記憶で、現実味がないんだろうなと思う。それに付き合う涼も、嘘つきなんかじゃなくて、きっと素直で、そういうことは黙っているだけなんだ。今は、その赤い傘好きだよと言うだけで、精一杯だけど。

雨天決行(未完)/模倣文/ネズミ&猫背脱却物語

(ネズミ)
今日も雨が降っている。市場にはカラフルな傘を差した人が溢れていて、上から見たらたぶん、色のきつい花畑みたいに見えるんだろう。
パシャパシャと足元で水が跳ねる音がする。長靴を履いた同居人の足音だ。ずいぶんとはしゃいでいるようで、僕の足元に水がはねた。同居人を嗜めるために下を向くと、赤い傘を差した女の子が僕に向かって走ってきた。きょとんと、目を見開いてこちらを見ている。
「ねえお兄ちゃん、何でペンギンがいるの?」
僕が不思議そうな顔をしている女の子になんて説明しようか考えていると、同居人が言った。
「呼び捨てとは失礼だな、お嬢さん。せめてペンギンさん、と呼んでくれないか」
赤い傘の女の子は同居人の方を見て、ぽかんと口を開けた。驚くのも当然だ。だって、普通ペンギンは喋ったりしないのだから。

突然だけれども、僕はこのペンギンと二人で一緒に暮らしている。ペットとか、水族館の動物ではない。普通のアパートの一室で、僕らは同居人同士として二人で暮らしているのだ。
同居人だから僕は彼の為に料理をするし、同居人だから彼は夕飯の買い物についてくる。これはペットでは考えられないことだろう。だから、このペンギンはペットじゃない。
何年か前までは買い物に連れていけばあれが食べたい、これが食べたいと、同居人は僕を引きずりまわしていた。けれども最近はここ数年続いている大雨のせいで船が出せずに新鮮な魚が獲れないから、鯵の刺身が好きな同居人はいつも少し不満そうな顔をしている。ちなみに今日も刺身に出来そうな魚は手に入らないから今夜のメニューは煮魚になりそうで、彼はいつも以上に不機嫌だ。

赤い傘の女の子はベラベラと喋る同居人を手品でも見るみたいな顔で見ていたけれど、しばらくすると後ろからお母さんらしき人がやってきて、手をつないで去っていった。女の子の「ペンギンさんがいたよ、喋ったんだよ」という声にそのお母さんが「良かったわねえ」と返した。のんびり喋るふたりの会話が離れて行く。
僕はビシビシと突き刺さる周りの視線を感じながら、嘴をへの字にまげて魚屋のおじさんにいちゃもんをつける同居人の、長靴を履いた足元を眺めた。人間の僕のものとは違うぺたんとひらぺったい足があることが、なんだかやけに怖いことの様に思えた。

(猫背脱却物語)
「ペンギンと暮らすっていうのはどう?」
そんなことを言われたときに、まず最初に出てきた答えがある。「ノー」だ。そんな訳のわからないものと一緒に暮らすなんて冗談じゃない、という言葉を凝縮した「ノー」の音は、僕が意識をするよりも早く出てきた。けれども「なんで?」と聞かれれば、直感的に出たその音以上の理由も無い。とにかく早く返事をしなきゃ、という思いから口をついた「別に理由なんてないですけど」には、そんな分かりきったこと聞くなよ面倒くさい、が含まれていたけれど、どうやら先輩にはそれが伝わらなかったようで結局その二日後に僕の家にクール便でペンギンが届いた。ちくしょう、勝手なことをしやがって。
そもそもペンギンと暮らす、という意味が分からない。なんだよペンギンって。せめてペットセラピーって言うんならもっと犬とか猫とか、そういう可愛くて扱いやすい動物にしたらいい。犬や猫が駄目ならインコとか文鳥とかそういうのでもいいけれど、ペンギンって。一体それは何処からのチョイスなんだ。奇抜さを追求していけば「何かそれっぽいんじゃね?」という着脱可能なファッションアイデンティティみたいで、中身なんか何もない。空っぽな思いやりに似たそれは全然嬉しくもないどころか、むしろ腹が立つくらいだった。
けれども僕がいくら苛立ったところで宅配便の荷物は届く。クール便のお兄さんを困らせる訳にもいかずに受け取った発泡スチロールの箱を渋々開け、面倒を見切れなくなったらさっさと先輩に押し返そうと思った時、そのつぶらな瞳と目が合った。

結果から言えば、僕とそのペンギンはなんとかうまいことやっていけた。出会い前の心象は最悪だったけれども、そのせいもあってか実物のペンギンとの暮らしはなんと心地のいいものか。いわゆるギャップ萌えと言う奴だろう。なにより言葉が喋れるという点が楽だし、手もかからないのがポイントだ。僕は彼の世話をすることはないし、彼も僕に世話をされることがない。
クール便が届いて三日後、「ペンギン、どう?」と嬉しそうに聞いてきた先輩に本当は「楽しいですよ」と言って事細かなエピソードも語りたかったけれども、癪に触るから僕は「まあまあですよ」と答えた。そのときにニヤッと笑った先輩を見てまた僕はむっとしたけど、その時ばかりは許してあげることにした。
空を雲が覆う日が増えて魚をとるための船も物を運ぶための飛行機もしばらく仕事をしなくなってからも、僕とペンギンの共同生活は続いた。もちろん今も続いている。
空の仕事がめっきり減った今でも先輩は同居人の様子を聞く振りをしながら、僕に仕事の電話をかけてくる。電話口で「お前ならこの天気でも飛べるだろうに」と言うけれど、僕は空での仕事を全部端から断っているから、例にもれず先輩の誘いもお断りだ。雨の日に飛ぶなんて、怖い。先輩の「残念だねえ」というあまり残念そうでない声までがワンセットのやりとりで、それからは反抗期の娘がどうだこうだとか、雨がやんだらすぐに飛行機を出せる様に整備をしているだとか、取りとめのない話をして電話を切るのが僕と先輩のいつものやり取りだ。
今日も先輩からの電話を切る。最近の話題はもっぱらその同居人が何故か僕に謎かけまがいのプロポーズをしてくることで、話題はそこそこ盛り上がるけれど話して何が解決する訳でもないから電話を切った。先輩は「お前の好きにしたらいいじゃないか」と言うけれど、僕の好きなようになんてとっくにしているのだから、どうしようもない。
飛べなくなった僕と、飛べないペンギン。お似合いじゃないか、と言われると腹が立つ。あいつを僕と一緒にしてくれるな、と思うし、そんな理由であいつが僕を気に掛けていると思うと悲しくなる。
ずっと変わらない雨模様の空を眺めて、僕は飛ばない理由を探している。雨はずっと降り続けるから、理由なんか探す間もなくそこにあるのに。

匣の中のあなた/模倣文/なべしま

彼の人が夏を連れてくるのでしょうか、夏が彼の人を連れてくるのでしょうか。年のかさは五十程、小此木さんは今年もやってきました。
「暑い中ご苦労様です」
「いえいえ、仕事ですから」
「いえいえ、こう暑いと何するにも疲れるのに、ましてや」
「分かります。この前墓参りに行きましたがね、老体にはこたえます」
汗を拭く彼に麦茶を手渡せば、ぱきりぱきり音。割れる。焦がした琥珀の液体は氷をひととおり舐め、彼の喉仏の向こうをすっかり伝い落ちてゆきました。
手袋をはめ、彼ははやアップラヰト・ピアノの解体に着手します。黒光りする板を外せば、まるで鮫の歯の如く鍵盤裏にお行儀良く木製ハンマーが連なっておりました。
ああ、そして。彼の姿をひとたび見ますと、耳の奥であの曲が蘇るのです。

小此木さんには年一回、ピアノの調律でお世話になります。もう結構な付き合いです。
「弾いてあげてますか?」
返答が遅れました。ちょうど、皺の濃い木の根の様な指が鍵盤を叩くのを見ていたので。
「ええ、ぼちぼちと」
「それはよかった」
それっきり。彼はホの音を調節すべく螺子を閉めています。どうも弦を張るようです。鍵盤の数だけ弦は張り巡らされ、ハンマーも楽しげにポクポクと上下します。
「なんだか、人間の様ですね」
「はあ」
口に出した瞬間後悔しましたが、詮無いこと。彼はしっかり私の言葉を拾い上げてしまいました。
「あ、ええ、つまりピアノの脚は脚ですが、ここに張られた弦はまるで神経みたいで、ええ、つまり鍵盤を押したらその刺激は弦を通って脳に伝わると言いましょうか…」
「ピアノに脳味噌があるとゆうこと?」
「はい、そうですね。むしろピアノ自体が大きな脳というか…」
ああ、南無三。どうも私は相手を困らせている。しかし所詮は、相槌の優しさに殺されながら、面目だけ取り繕おうと議論を結論づける私です。なんたる卑しさ。なんたる業。
「なるほど。それは考えたことがなかったなあ」
ところが流石は年の功。
小此木さんは小粋な返答で、私の燻った自意識ごと洗い流してしまうのでした。

全てが終わり、大きな鞄に道具を詰めきります。ちょつといいですか、どうぞどうぞ。小此木さんは最後ピアノに腰掛け、そうして何時もの曲を弾き始めます。
しゃぼんだま とんだ
やねまで とんだ ーー
「はい、これで音の方は大丈夫でしょう」
「ありがとうございます」
そして私も何時ものように小此木さんにお茶を勧めました。

ところで、この世から失われたものを繋ぎ止めるには、如何なる方法が可能かという話です。
なぜ、いつもしゃぼん玉を弾くのかと。
聞いたことは御座いません。しかし時にそれは鞄にくくりつけられた子ども用のマスコットで。時にそれはパスケースの古びた写真で。墓参りの話で。雄弁に語られていると思うのです。
ぱきりぱきり音。麦茶の氷が溶ける。
思い切って、いっそ尋ねたほうが、彼を過去から連れ出せるのかしらん。
ピアノは脳味噌。鍵盤を弾けば刺激の集積は蓄えられます。しゃぽん玉の曲、それはこわれてきえた彼の息子さんそのものでしょうか。ドファファソラドドと弾くたびに、このピアノの中に、息子さんが出来上がってく。不在をどうにか存在させる為に、いたはずの誰かを忘れぬように、彼は毎年しゃぼん玉を弾くのです。

小此木さんが帰ったあと、私もまたこっそりしゃぼん玉を弾きます。こんにちわ、ピアノの中で生きるあなた。そうして綺麗に音が出たときは、正しく彼からの返答だと思うのです。

muzui/模倣文/峠野颯太

模倣、もほう、moho……あっ、最後某映画館みたいになっちゃった!なんてことはどうでもよくて、模倣って何!?そもそもこんな小難しい言い方しないで「マネ」とか「パクり」でよくない!?「ご飯を食べる」を「咀嚼して嚥下する」って言い換えないじゃん??

あーそうそう、模倣もといマネと言えば、高校時代私が横を通る人みんなが振り返る、カワカワ★JK(きらきら)だった頃は好きな人の持ち物とかマネしてたわ〜〜今考えるとかなりフォーリンダークサイド!!!って感じだけどみんなやるよね!好きな人と同じ消しゴム(ちなみにモノ)にするとかシャーペン合わせるとかさ〜〜最高かよ〜〜あの頃は好きな人ちゃんといたな〜〜!!今は?という質問は受け付けておりませんピーという音がなってからにしてくださいね〜〜!!!!

とまぁはい。こうやって黒歴史の中のまだ黒くないグレーな歴史を出したところで結論。

「模倣って難しい!!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっとまって。模倣クソムズイ。人のマネするだけ〜〜♪って思ってた自分のこと殴りたい。てか読み返せば読み返すほど死にたくなるし申し訳なさで自害したみが高まる?こんなテーマはやめよう!!?!?しんどいよ!?深い謝辞とともにこの文を締めたいと思いました。おしまい。字数稼ぐために反省とか並べたけどそれでも苦しかったです。締め切りを守らない言い訳に使いました。

パンドラのパン工房/模倣文/さくら

東京でコッペパンブームが起こった。
日本では太平洋戦争中や戦後の配給品として普及し、その際にクーポンパンが訛ってこう呼ばれるようになったとも言われる。
にわかに信じ難いが、中にジャムやバター、たくさんの野菜や卵や燻製の肉や鮭、フルーツやクリームなどを挟んで販売する洒落た専門店が多く現れた。
生地もアレンジが加えられ、学校給食め食べたパサついたあれからは遠くかけ離れた、しかし懐かしいフォルムのコッペパンがトレンドになっているのだ。

.

パン工房にやって来たうさこは、町の端のこの店にもトレンドを取り入れて見てはどうかとかそんな話をして帰っていった。
パトロールに行く前に、彼を作った職人と助手の少女に挨拶しようと厨房の入り口に立った僕が扉を開けるのを躊躇ったのがなぜなのか自分でも分からなかった。
立ち聞きなんてみっともないし、二人に声をかけてさっさとパトロールに出かけなければ。

些細な疑問だった。
僕達の仲間にコッペパンはいない。日本では誰にでも親しまれるものなのに珍しい。

.

「勇気の花の研究はね、すごく時間がかかったんだ。もちろんたくさん失敗もしたよ。」

「あれ、言ってなかったかな。君には先代がいるって。
どちらも僕の手で命を与えたんだから、兄弟にあたるのかもね。」

「君のお兄さんもね、人々のために一生懸命頑張っていた。」

矢継ぎ早に続く言葉が理解出来なくて遮った。

「お、おじさん…その、先代は今……」

聞きたくない。聞いてはいけない。そんな警告を無視して問いかける。

「まだ分からないのかい?
パンには、カビが生えるものだろう。」

.

かつてしがないパン職人だった彼が世界をその手の内に収めようと考え始めたのはいつの頃からだったのだろうか。
戦後間もないバラックの並ぶ町並みを見ながら、彼は自ら作り出したパンが飢えや理不尽な暴力に苦しむ人々を守ることができれば、
そう願っていたはずだった。

やがて勇気の花の存在を知った彼は、長きに渡る研究の末パンに命を与えることに成功し、それに人々を守る使命を課した。

そしていつしか街は平穏を手に入れた。

飢餓に苦しむことのなくなった街で、人々の命を救ってきた彼のパンたちはおやつでしかない。
彼はそれに気づいてしまったのだ。

正義は悪がなければ成し得ない。

彼のパンたちを正義たらしめる強大な悪が必要なのだ。

そう、パンの英雄たちを引き立てる俗悪で落ちぶれた

バイ菌が

「バ、イバイ……キン…………」

肌の殆どを黒く蝕まれた彼は力なく笑うとそのまま脱力し、動かなくなった。

模倣、というよりはパロディ/模倣文/フチ子

夏が来た。夏、この季節になると人は浮かれて恋をする。私もその例に漏れることはない。毎年毎年恋をしていたら、とうとう次の彼氏は1000人目の記念すべき人になる。

西暦2245年の夏、大した戦争もなく科学は発展の一途をたどり、とうとう人は寿命と言う概念を超越した。人は産まれたいときに産まれ、死にたいときに死ぬ。全てが人の意思に委ねられた世界。

友達も今までの彼氏も、皆が皆100才を越えた辺りで死を選んだ。多分その辺りが人間の限界なのだろう。皆死ぬ前に「もう飽きた」と一言伝えて私のもとから去っていった。

飽きるってなんだろう。

私にはたった一人相手がいればそれでよかった。相手と過ごすその日々は毎日が初めての経験で、同じ経験なんて一つもなかった。私だけだったんだろうか。その日々に新鮮なものを感じていたのは。

999人目の彼氏のことを思い出す。

私は彼をスリーナインって呼んでいた。彼にはその意味は伝えなかったけど、その呼び方を喜んでくれていたと思う。彼はその時100歳だったけど、私は自分を32歳と偽っていた。私が150を越えた辺りから、実年齢を告げると男の人は寄り付かなくなってきた。見た目はティーンのままでも、やはりこれは生物の性らしい。結局男の人はいつまでも若い女の子が好きなのだ。そんな彼とも結局3か月しか続かなかった。フラれた時は気づかなかったけど、今考えてみれば当たり前だった。いくら149年下とはいえ、相手も100歳。文字通り百戦錬磨の傑物なんだ。今目の前にいる女の子がとっくのとうに女の子じゃないことくらい分かってしまう。フラれた直後にLINEで送った私なりの哲学長文を見た彼も、「飽きた」なんて一言で亡くなってしまった。

多分、もう大人の人とは付き合えない。私が趣味で始めた哲学も、もうとっくに世界中の哲学者を越えてしまった。カントだって私の敵じゃない。こんな超人類を目の前にしたら、どんな男の人だって人間でいることに飽きてしまう。

そんなことを考えつつ公演でボーッとブランコを漕いでいたら、隣に男の子が座った。多分5歳くらい。

隣のこの子を、私はきっとサウザンドって呼ぶんだ。