とげにんげん/棘/ネズミ

 


生物界において最も防御力の高い能力は何であろう。周りの景色と同化し自らの身を隠す力か、体内から何かを発射し目をはじめとした相手の感覚をくらませる力か、はたまたシンプルに毒か。なるほど、どれも素晴らしい能力だ。だがどうだろう、自分を景色に溶け込ませたところで万が一見つかってしまってはそこで終了である。また相手の感覚を鈍らせたとしてもそんなのその一瞬に過ぎない。毒を持っていたとしてもそれを相手にどう伝えるのか。襲われたときに毒を使ったとしてももう遅いかもしれない。

だったら何が最強なのかと聞きたくなるだろう。おれはこう思ってる、トゲだと。ヤマアラシやハリセンボンなんかを見ていればわかる。あれに触ろうとするやつなんかいるだろうか。あいつらは全身を使っておれに近づくな、触ったら痛い目に遭うぞとアピールしている。捕食する側もやつらを襲ったらどうなるかなんてことは一目瞭然。

まさにトゲは攻撃性の象徴だ。

 

「お母さん、あの人からだにトゲがはえてるよ」

小さな女の子がおれの方を指さして言った。隣を歩いていたお母さんらしき人はおれの方を見て両目を見開いたと思ったら、娘を強く引っ張りそそくさと行ってしまった。

ああそうだ。言い忘れていたけど、おれの体には全身にトゲが生えている。いつからなんて知らない。物心ついたころにはもうこんな感じになっていた。

言うまでもないかもしれないが友達などできたことがない。もっと言うと誰からも愛されたことがない。まあ当然と言えば当然だけど。たまに攻撃性が態度に現れて敬遠されるやつがいるが、おれの場合それが外見に現れている。みんなおれの出してもいない攻撃性ばかりを受け取って、誰も内面なんて見てくれようともしない。

誰もヤマアラシやハリセンボンの気持ちなんか考えない。それと一緒だな。あいつらは望んであの体に生まれてきたのではないのかもしれない。本当はもっとみんなと近づきたくて、自らの体を恨んでいるなんてことは考えられないだろうか。

どれだけおれが世界を愛する気持ちがあっても、おれの外見は常に世界に向けて刃を向けている。

これ以上は無駄だ。とっくにおれは愛することをやめた。

 

 

1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 (1 投票, 平均点: 5.00,  総合点:5  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「とげにんげん/棘/ネズミ」への3件のフィードバック

  1. 今回のように、事実として体から攻撃性が見て取れるような人間がもしいた場合には明白なのですが、普通の人間でも態度や挙動が妙にトゲトゲしい人は鶏が先か卵が先か論争ではないですが、もともとトゲトゲしい性質を持っていて、周りが離れていったのか、それとも周りに対するある種処世術的な態度の表れとしてトゲトゲしくなっていったのかというのが少し疑問です。まぁどうでもいいんですが…。
    棘を持つ人間のインパクトを最大限生かすような文章の書き方で読み易かったです。

  2. すごくぶっとんだ話で勢いで納得してしまった。しかし冷静に考えてみるとハリセンボンだって常に膨らんでいるわけではないし背中は棘ついてないし、ヤマアラシだっておなかには棘ついてない。この棘人間はどういう状態なのか想像してみたが想像が追い付かないほどぶっとんでいた。陰部に棘が生えてたらそれこそ猫みたいだなと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。