チカチカ輝いて/明るい話

「今日カラオケオールするから!」

と、言われて連れ出された夜11時30分、友人宅。

そろそろ予約の時間だとみんなで準備をし始める。

さっきまでもアニメの上映会とか言って3時間ぶっ通しで見続けたのに、どこにそんな元気があるんだよ。おい、お前。意気揚々と出かけようとしてるけど、さっきの話で泣いたまんまですげぇ顔してんぞ。一度顔洗って来い。

外に出れば辺りは真っ暗……と言いたいけれども街頭やらなんやらで光り輝いている。夜ってこんなにも綺麗なのか! いいえ、幻想です。

 

「そういえばレポートまだ終わってなかったわ。あそこってどういう式打ち込めば上手く動くわけ?」

トリップしていた俺を現実に引き戻す会話が最前列を歩く友人たちから聞こえてくる。恐らくプログラミングなんだろうな、ということしかわからず、その会話はただ俺に、期限が迫ってきているレポートの存在感を強くしていくのみ。もうやめて! とっくに俺のライフはゼロよ!

 

なんて会話を聞いているうちにカラオケ店に到着。日付を丁度またいだころ。ここで遅れてきた一人のメンバーを加えて6人になる。さて、ではここで今夜のメンバーを紹介しよう。

1、俺氏

2、ラブライバー

3、ラブライバー兼アニオタ

4、いきものがかりファンクラブ会員(兼ラブライバー・アニオタ)

5、アニオタ兼テニサー

6、アニオタ兼ドルオタ

以上6名でお送りします。

 

……Oh。ナンテコッタイ。

最初にみんなでドリンクバーへ。その間に4番がいきものがかりを投入。歌い始める。

戻ってくる頃には歌が始まる(ものっすごく高音でてる)。トップバッターがはじまっているせいかみんな曲をどんどんいれる(アニソンばっか)。

 

ラブライブの曲が始まると部屋の電気が落とされる。

ここでライバーたち(2番と3番)は鞄の中をゴソゴソし始める(歌うのは4番)。

鞄からでてくるそれはまばゆい蛍光色をともなった光の棒!

人はそれをライトセーバーと……ぇ? 違う? ラブライブレード? あぁ、ペンライトのことですね分かります。

そんな感じでやけに部屋がピカピカしたり、踊り始めたり(6番)、コーラスが入ったり(5番)、コールが入ったり(全員)etc……。

 

五時間歌い続けて外に出る俺たち。既に空は明るくなってきていて、ただでさえ閉じこもっていたのだから今が夕方と言われても不思議ない気分だった(陽の向きがどうとか言っちゃダメ)。

 

そうはいっても眠い。特に予定もないし、このままお昼までグータラと……

 

「よーし! 次はラブライブの劇場版でもみるか!」

 

疲れた様子を見せない三番が先頭になって前を歩き、その後ろにみんながついていく。

あぁ、まだこのチカチカとした瞬間は終わらないみたいだ。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。