ひとりごと/妄想/YDK

 

妄想の中の自分は基本的に美化されている。妄想だから当たり前だけど。
男を手のひらで転がして、女の子に騙されてあげる自分、って言うのが割と頭の中での自分だ。まぁ現実は男に女と思われないわ、女に対してヘタレな女。それはそれで妄想のしがいがあって楽しい。

 

 

ところでみなさんはいつ妄想をしますか。私は寝られない時とか、病んでる時とか。寝られない時に妄想すると、幸せな感じで寝れるんですよね。このときはいい妄想。夢と現実の区別がつかなくなるくらいふわふわしてくる。んで、幸せな妄想がそのまんま夢に置き換わって眠りの世界へ……うまくいけば夢の中で妄想を現実化(不思議なフレーズ)できちゃうっていう。

 

病んでる時は妄想もうまくいかなくてプツッて消えちゃうことが多い。妄想してる自分に萎えちゃうというか、冷めちゃうというか。うまく想像できない。どこかで自分の妄想には出てきてほしくない人がひょっこり顔を出してくる。不愉快の極みです。寝られなくなっちゃう。
最近あったのが、浮気の妄想。うまく妄想できるときは、お互い罪の意識に苛まれながらどうしてもお互いが好きで、みたいなジレンマに悩まされながらも2人でぬくぬくしてるわけです。ぬくぬくって言ってもエロかったりエロくなかったりするんですけど。ちなみにエロいって言っても相手の体を見たことはないので8割方想像。でも想像だからこそいいこともあるわけで……関係ないけど童貞男子のAVなしのオナニーってこんな感じなんだろうか。

 

同じ浮気でもうまくいかないとき。最悪。頭の中で「なにやってんの」「この人には別に本命がいるからキープされてるだけなんだよ」みたいなフレーズが永遠にぐるんぐるんしてる。ひたすら苦しいだけ。一番ひどいときは、横で浮気相手の本命がこっちをじーっと見てる。ほんとに死にたくなる。そういう時期はなにも考えないか、ひたすら考えて気持ちをどん底に沈めてから、上げに行くときが多い。
こうやって思い直すと、どうして妄想なのにうまく楽しいことしか考えられないのかなぁってなる。きっと後者のほうが現実になる可能性が高いからなんだろうけど。子供の頃はなんたらレンジャーとかプリキュアとか無鉄砲な将来の夢を見れたけど、そのうち堅実な実在する職業を選び始める、みたいな。大人になることでできるようになることもたくさんあったけど、できないまんまが良かったことのひとつ。現実を見ること。せめて妄想するときだけでも子供に戻れないもんかなぁ…。
あ、でもそうするとエロい妄想できないからダメだわ…!!やっぱ大人になってよかった!!大人万歳!!!おやすみ!!

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「ひとりごと/妄想/YDK」への3件のフィードバック

  1. 妄想って現実に生きる自分が出発点なのに、現実にない事を求める事が多いなーって思います。因みに私は妄想するとストーリーテルに頭使いすぎて締切追われた脚本家みたいになってしまって寝られなくなります。

  2. ネットで検索した程度の知識なのですが、仏教だと「不安はぜんぶ妄想」という教えがあるそうです。
    想像や妄想がネガティブになってしまうのは、生物の生存のための機能の一部なのかもしれません。希望的観測込みで予測を立てるのは、叶わなかったとき危険なことになります。自然界がその極みでしょう。「あのライオンは、恐らく私に気がつかないだろう」とシマウマが予測したら終わりですしね。ならば最初から危険なものをピックアップした方が生存の可能性は上がるわけで。
    動物は目の前の一瞬を命がけで生きなければなりません。常に実践の場に引っ張り出されるわけで、おちおち妄想なんてしてられない。その点人間は命の危機に瀕する場面が早々ないので、妄想だけ引きずってしまう…なんだかなあ…

  3. 自分は自分自身についての妄想はあまり、というかほとんど全くしないので読んでいて少し新鮮な気持ちになりました。
    なぜ自分は自分についての妄想をあまりしないのかというと、その妄想の最終形がいつも
    「なぜ自分は生きているのか」
    になるからです。そしていろいろな考えが頭を駆け巡って何にも手付かずになって結局
    よし、この問題は後回しにしておこう、という思考になってしまい、いつも途中で終わってしまうのであります。
    ほかのものについての妄想は、自分が飽きるまで延々と続けることができる点で少し様子が違うなと思いました。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。