エレクトパフューム/妄想/温帯魚

 ”Even if you don’t have a spine, you still have to stand up for yourself.” – Zac
 「たとえ背骨がなくたって、君は自分の力で立ち上がらなければならないんだ。」
Zacは生体兵器として作られたが、母と父により弱きものを助ける善良な兵士となった

 最近、ネットゲームにはまった。League of Legendsという名のゲームで、これのせいで私の睡眠時間と知能は着々と減っていっている。ただでさえヤバい成績がさらにヤバい。
このLeague of Legends、通称lolは通常5対5に分かれて敵の拠点を壊しに行くというゲームなのだが、その際にプレイヤーはチャンピオンと呼ばれるキャラクターを一体選択し操作する。性能が大きく異なるチャンピオン達は現在131体存在し、彼らにはゲームの要素としてそれぞれの物語が用意されている。
今回の話はフレーバーテキストである。ゲームに背景を与え、ドラマを作り出し、プレイヤーに愛着を湧かせる。偉大に無駄なそれらの文章たちは時に愉快に、時に含蓄を含みながらそこには存在するのだ。

;”Never lost a fair game… or played one.”‐ Twisted Fate
 フェアなゲームに負けたことはない……しないからな。
ゲーム中にコマンドを入れるとキャラクターによるジョークが見られる。ダンスや挑発、場合によってはキャラクター同士の掛け合いなんかも

とは言ってみたものの、この場合フレーバーテキストという言葉は微妙に正確ではない。フレーバーテキストという言葉は本来カードゲームのカードに書かれた効果以外の文に使われるものである。らしい。

有象無象の大砲
ステップ1:君の従兄弟を見つける。
ステップ2:君の従兄弟を大砲に入れる。
ステップ3:別の従兄弟を見つける。
これはMTGというカードゲームのカードについているフレーバーテキスト

しかしこの文章ではゲームにおいて本来必要ないものとして使おう。つまりそう、ネットゲームにおけるテキストのほぼ全部だ。戦略ゲームやパズルゲームはもとより、ソシャゲと評されるものも本来背景はゲーム性に何の影響を与えない。極論を言ってしまえば将棋だって王将が王将と呼ばれる理由はない。番号だっていいはずだし、実際プログラム上ではキャラクターだってただの記号である。

アイオニアブーツ
「このアイテムはCLE20年12月10日、南方諸州の領有権をめぐる再戦において、アイオニアがノクサスに対して収めた勝利を称えるものである」
チャンピオンが所属する陣営の歴史が分かるフレーバーテキスト。なおゲームでは陣営などはほぼ何の影響もない。敵対する陣営のチャンピオンと一緒に戦うこともあるし、逆もしかり。

それでもフレーバーテキストがあるのは、それが人々に愛されてきたからだろう。我々はゲームをするが、しかしそれはゲーム性だけではないのだ。取っ付きやすさであったり、共感であったり、あるいは妄想の種であったり。面白いフレーバーテキストはそのゲームに深みを与えるのだ。言葉こそが、私たちの勇ましき隣人に意味を与える。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「エレクトパフューム/妄想/温帯魚」への2件のフィードバック

  1. フレーバーテキストという名前自体初めて聞きました。ネトゲだと例えばフリーのホラーゲーム実況などよく観るのですが、フレーバーテキストしかないなと納得しました。それも評価の高さ≒フレーバーテキストの質のように思います。
    例とその説明、本論の文体を分けることで、知らないことでも解りやすい文章になっていました。イタリックは見慣れないので最初は戸惑いましたが、そういった試みを自分もしてみたいと思います。
    できるならば、もう少し本論を読みたいと思いました。

  2. 日本国外ではDotaやLeague of LegendsそしてHeros of Newerthといったストラタジーゲームはすごく流行っているのに、なぜ日本では流行らないかと考えるとやはり取っ付きやすさではないかと感じた。確かにフレーバーテキストといったユーザーまたは人を昂らせる要素もゲームに限らずいろんな場面で重要とされるが、結局はそれよりもインターフェイスの方が重要な気がした。あまり文章とは関係なくなってしまって申し訳ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。