オタサー大戦/妄想/縦槍ごめんね

ここは、尾琢大学のオタサー、その名もオタ神。サークルのメンバーは200人を越える。しかしこのオタ神には長年抱えている問題があった。それはサークルの中に一人も女子がいないことだった。毎日のように、50人近くの男が入れ替わり立ち替わり部室に訪れ、大量におかれているアニメDVD、漫画、エロ同人、エロゲー。もはやそこは女子が立ち入ることができる場所ではないと考えられていた。だが、2016年。後にこの年はベブンズイヤーと呼ばれることになるこの年に、オタ神には女子メンバーが二人加盟した。一人はえみちゃんという子だった。ツインテールのいかにもな感じの女の子でルックスも結構よかったことからすぐにメンバーの中で話題になり、サークルの人気者になっていった。もう一人がこちらが相当な曲者で…。みつこちゃんという子なのだが、年がなんと78歳。なんでもこの年になって勉学の道に進むことを悟ったんだとかなんだとかで、若者の文化にも興味があったらしくこのサークルに入ったと言っていた。まぁこの二人がサークルに入れば人気が偏るのは仕方がないことだった。

えみちゃんのほうは週に三回サークルに顔を出して、そこに入るだけで男達はえみちゃんに夢中だった。いわゆるオタサーの姫ってやつだ。一方みつこちゃんの方は毎日、毎日サークルに通っていたのだが、今一男達のほうがみつこちゃんとの距離感を測りかねており、誰一人話しかけられないという状態だった。まぁ等の本人は全く気にしていないようで、いつもニコニコしながら僕達を見ていた。

二人がサークルに入ってから、2ヶ月がたった。えみちゃんはサークルにくる頻度が週三回から週二回程に減っていた。一方みつこちゃんは変わらず、毎日のようにこのサークルに顔を出し、相も変わらずニコニコしていた。そんな中ついに、サークル内で一番友達が多く、社交的な水野くんがみつこちゃんに声をかけた。
「みつこちゃんもさ、見てるだけじゃなくて、俺たちと一緒にゲームしようよ。」
「私はね、先輩方のような若い人達が楽しそうにしてるのを見てるこの時間が、一番幸せなんだよ。」
みつこちゃんの立ち位置とはいったい、なんなんだ。後輩属性なのか、母親属性なのか、お婆ちゃん属性なのか。とにもかくにもこの事をきっかけにみつこちゃんは急激にサークルに溶け込み出した。

そして、段々二人の女子の人気は二分化されていくことになるのだ。えみちゃん一派とみつこちゃん一派である。特にえみちゃん一派は過激な人々が多かった。みつちゃん派のエロDVDを割られたていたり、漫画が水浸しにされていたりと散々だった。これがきっかけでえみちゃんとみつこちゃん、どちらがこのサークルのトップにふさわしいか決める総選挙が行われた。色々な布教活動が行われた。そして、諸々の戦力を考えるとえみちゃんが優勢かと思われた。

そして、2週間の布教活動の末、最後のえみちゃん、みつこちゃんの演説が行われた。えみちゃんの演説は自分の利点を理解しきった。素晴らしく、かわいい演説だった。多くの男子が心奪われたことだろう。そして、みつこちゃんの演説。みつこちゃんは多くは語らなかったが、人数分のおにぎりを持ってきた。それを口にした僕らは自然と涙が溢れた。・・・これが母性か。母さん今まで反抗してごめん。きっと立派な大人になります! 僕を含めたほぼ全員がそう思い、涙を流したのだろう。

結果はみつこちゃんの圧勝だった。オタサーの姫にオタサーの母が勝ったのだ。こうして、第一次オタ神大戦は幕を閉じた。えみちゃんはこの戦争をきっかけにこのサークルを止めてしまった。みつこちゃんはというとこの先二年間多くのサークルメンバーを送り出し、そして、その全てが有名企業に就職したという。

という妄想を繰り返し、そんなサークルを止めた女の子も救ってやれる男になりたいなと思った。

3 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 5 (3 投票, 平均点: 5.00,  総合点:15  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「オタサー大戦/妄想/縦槍ごめんね」への5件のフィードバック

  1. サークルクラッシャーを一筋縄ではないところで表現してるのが面白かったです。人間の求める先が母の愛であるのか、オタサーのオタたちがマザコンなのか分からない感じでみつこちゃんがフィーチャーされていくのが不自然ながら自然に読む事ができました。

  2. みっちゃん強し(笑)。
    あまりにぶっとんだ異端は敬遠されるどころか、信仰の対象にさえなるんだなと思いました。女子高のおじいちゃん先生とか通底するものを感じます。
    ただ最後の文で現実に引き戻す必要はあったかなというのが少し気になりました。ここで想定している話者自体ももはや妄想なら話は別ですが。

  3. これ楽しいなあ! 文章だけじゃなくて、映画とかいろんな媒体で展開できそうなお話。少し前にテレビで50代の女性の大学生が特集されてて、20大学生の女子大生とも交流してた。すこし啓蒙的になってしまうけど、予算が削られがちな文系大学での学びが本当はどんなに楽しいものかということを、このオタサーの母みつこちゃんを主役か準主役の位置に置いた物語で訴えられやしないかと目論む今日この頃。えみちゃんを責めすぎないのもよいなあ。

  4. Twitterだと、くっそわろたwって言ってリツイートしたい感じでした!!オタサーの母という圧倒的強さを感じる語感…結局いちばん強い女は母ということか…!!?(なんか違う)

    ツインテールの子がこの時なにを考えてるかを妄想するとそれはそれで楽しいという…アナザーストーリーが見たい…おばあちゃんに嫉妬するJD…新境地…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。