妄想委員会/妄想/なご

最近妄想することが減ってきた気がする。圧倒的な現実が押し寄せてきて、それに押しつぶされそうになっているのが自分でもわかる。

いつからだろうか、妄想しても結局それが現実になることなんてないと悟ってしまったのは。小学生の時、休み時間のサッカーやドッヂボールで活躍する自分を妄想した。中学高校では、学年一位の成績を取る自分を妄想した。大学受験の時、一発逆転で東大に合格して周りの奴をぎゃふんと言わせる妄想をした。大学に入ってすぐは、好きな人と一緒にいる妄想をした。ここに書ききれない妄想を何度も、何度もした。

結局妄想は妄想でしかなく、現実になったらそれは妄想ではないのだろう。悲しい話だ。

何て自分勝手な結論を出してみたは良いものの少し考えてみればそんなことはない。人は何かしらの目標をもって生きているはずだ。その目標はこうなりたいという妄想から生まれてくるものであり、その妄想に向かって努力する。

……あぁ、気づいてしまった。私は自分の妄想に近づく努力をしていないだけなのだ。こうだったらいいな、こうなりたいな、こうなった自分のその先の人生はどうなっていくのだろう、なんて妄想を繰り広げるだけ繰り広げて、結局その妄想から逃げて、現実からも逃げて。親父からはよく「お前は口だけだ。なんでもやれる、できるとは言っているができたためしがない。やろうとする努力もしない」と言われた。「やればできるもん」なんて幼稚反発して、無理やりというかわがままを言っていろんなことをさせてもらったものの振り返ってみれば、ギターだって、テニスだって、受験だって、何もかもが中途半端だ。親父の言うとおりなのだろう。

このまますごしていってもきっとうまくいくはずが無い、わかっている。大学だってきちんと出れるか怪しいし、就活だって行きたい企業はわんさかあるけど、インターンの申し込みはおろか、説明会を調べることすらしていない。いったい何をしているんだかわからない。逃げて逃げて残ったものなんて、無い。みんな、それぞれの妄想に一歩でも近づくために日々を過ごしている。

今の私はどうしようもないくらい、ダメなんだ。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「妄想委員会/妄想/なご」への3件のフィードバック

  1. 目標が妄想から生まれるって考え方は、おもしろいですね。
    なんとなく、妄想→目標→現実という流れがイメージできました。だから、努力しようとしないのは、まだ妄想の範疇に収まっているからで、それがまだ目標と言うには至ってないってことなんでしょうね。

  2. 私も、妄想するだけして、自分の中ではどんどん物語が進んでいくのに、現実は何一つ動いていないということに気付き、死にたくなったことがある。でも同時に、妄想を現実化しようと着実に行動を起こしていくと、気持ちの大きさに、自分の身体や周りの理解が追いつかなくて、また失敗したりするからもうどうしようもない。妄想と目標は重なるところもあるけれど、やはりある一定の冷静さを保てないと悪いようにしかならない気がする。

  3. 妄想を実現する必要なんてないと思う。目標なんかにしたって全部叶うわけないし。いくらでも不可能なこと妄想して、今日の妄想も楽しかった、ってくらいの軽い気持ちでいればつらくなることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。