muzui/模倣文/峠野颯太

模倣、もほう、moho……あっ、最後某映画館みたいになっちゃった!なんてことはどうでもよくて、模倣って何!?そもそもこんな小難しい言い方しないで「マネ」とか「パクり」でよくない!?「ご飯を食べる」を「咀嚼して嚥下する」って言い換えないじゃん??

あーそうそう、模倣もといマネと言えば、高校時代私が横を通る人みんなが振り返る、カワカワ★JK(きらきら)だった頃は好きな人の持ち物とかマネしてたわ〜〜今考えるとかなりフォーリンダークサイド!!!って感じだけどみんなやるよね!好きな人と同じ消しゴム(ちなみにモノ)にするとかシャーペン合わせるとかさ〜〜最高かよ〜〜あの頃は好きな人ちゃんといたな〜〜!!今は?という質問は受け付けておりませんピーという音がなってからにしてくださいね〜〜!!!!

とまぁはい。こうやって黒歴史の中のまだ黒くないグレーな歴史を出したところで結論。

「模倣って難しい!!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっとまって。模倣クソムズイ。人のマネするだけ〜〜♪って思ってた自分のこと殴りたい。てか読み返せば読み返すほど死にたくなるし申し訳なさで自害したみが高まる?こんなテーマはやめよう!!?!?しんどいよ!?深い謝辞とともにこの文を締めたいと思いました。おしまい。字数稼ぐために反省とか並べたけどそれでも苦しかったです。締め切りを守らない言い訳に使いました。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「muzui/模倣文/峠野颯太」への3件のフィードバック

  1. ちょっとテンションが高すぎるような気がする。峠野颯太っぽさは強いが、最初の方は本人のテンションの高い部分が焙煎抽出されててすごい濃い。エスプレッソみたいな。
    ラストの方は急にトーンダウンする時の雰囲気を出せていて文章構成はそれっぽい気がする。でもやっぱり峠野颯太のすごいところは具体的なそれこそ普通人に言わないようなことをあのテンションで出すところだから、消しゴム云々だとちょっとパンチが弱いかもしれない。(ちなみにモノ)はそれっぽい気がして好きだ。

  2. この多角的な言い回し?は面白かったです。
    ただその感じで同じように、自分の感情ももう一枚オブラートのようなものな包んでもよかったのではないでしょうか。
    峠野最高度テンションを記録したようなノリはわりと楽しんで読めました。

  3. 峠野さんは本当に頭がいいというか、物事を面白く記述する回路が異常に発達しているんだろうな。
    冒頭は、峠野というよりギャルって感じ。その1、彼女はギャルっぽく書いてるように見えて本質がギャルと違うという学び。ギャル語に始まるものの、何処からでも最終的に自意識を深くえぐっていく印象。ビックリマークもここぞという時に使う印象。その2、つまりビックリマークを使わなくても勢いで引っ張れる文章を編み出しているという学び。これは本人が四六時中面白い文章構成を頭でこねくり回しているのではないかな、と。そういう姿勢から模倣しなければならないのか、峠野。おそるべし峠野。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。