アーメンなんてくそくらえ/模倣/キリスト

こんにちは、イエスです。皆からはキリストって呼ばれてます。仲のいい友人からはキリちゃんて呼ばれてます。弟子達からは先生なんて呼ばれていい気なもんです。「キリスト先生おはよう!」と言われて、「イエス!」って答えると少しだけうけます。

まぁどうでもいい話なのですが私は、こんな他愛もない関係が楽しくて仕方がなかったのですが、私が教えを皆に説き始めた辺りから、皆の態度が一変しました。なんか弟子達はよりいっそう私のことを持ち上げるようになり、友人達も凄い凄いと私を褒め称え、全員今までタメ口だったのに、敬語を使うようになりました。

いやいやいや。教えってあれほとんど私の妄想だから。なんであいつら真に受けてんの。イエスジョークだよ。いつもやってるやつじゃん。なんで教えのときだけ持ち上げてきてんだよ…。よく考えればそんな凄いこといってないぜ!

そして、あのバカ達がこの話を信じこんで無駄に私をこのこと持ち上げたせいでユダヤの方々に目をつけられて私は処刑されることになってしまいました。「うわ、もう最悪だよ!」嘆いている私に「でも先生は神の子だから死んでも生き返るんでしょ?」…はぁ?ここに来て私はいかにここにいる奴等がいかれているかということに気づきました。

そんなこったで処刑の前の日の皆さんもご存じの最後の晩餐の日です。あの絵もあんなかっこよくかかれてますけどあの時の空気は最悪でした。みんな私の復活を勝手に祝っているわけです。さすがにこのまま死ぬわけにはいきません。ていうか死にたくもないので、影武者をたてることにしました。

作戦はこうです。まず影武者に死刑台にまで上ってもらって殺されてもらいます。私はというと、私を埋めることになっている場所より少しだけ深いところにあらかじめ埋まっておきます。そして、皆が涙と共に影武者を埋め終わったところで今まで埋まっていたはずの私が土の中から勢いよく飛び出し、復活と。正直穴はありそうですがこれにかけるしかありません。

そして、処刑当日、影武者はさすがのできで、私のためなら死んでくれると言っていました。これは行けるぞと思っていたのですが最後の最後に問題が発覚しました。
土の中では息が出来ない。あまりの苦しさに私は、埋めるよりはやく土の中から出てきてしまいました。皆が困惑していたので、なんとか誤魔化さなくては思い、ザ・たっちの幽体離脱のギャグをやると、思ったより誤魔化せました。後は私に皆が触れられるということが問題でしたが、それも凄い体に水をかけることで「冷たいだろ、これ死んでるんだぜ」とかいうとなんかみんな泣いてくれたので万事解決です。

こうして、なんやかんやで私は神になりました。色々今の世の中神様のせいにするやからが増えていますが、このように私をはじめとする神様にはなんの力もないので皆が強く生きていきましょうね。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。