死人の愛/曲/θn

自分に呪いをかける。
丁寧に、決して間違わないように。

求めないこと。肯定すること。信じること。

君が受けるだろうあらゆる苦しみや痛みを、全て私が抱え込んでしまえればいいのにと思うことがあったという告白。
何一つとして達成されていないから、どちらかというと懺悔かもしれない。

自己陶酔しなきゃやってられないの。

どうしてと問われてしまうと、何も答えを持たないことがわかる。
いつからと問われてしまうと、何も覚えていないことがわかる。

 
「忘れました」と笑ったら失望するんだろうけど。

何があっても味方でいたい人間というのが世の中に存在している。
自分の感情とか欲求はただその存在の前ではないに等しい。
むしろ他にあっても邪魔なだけ。

欲しがらない、求めない、願わない、寄りかからない。
実際出来てるかって言われたら全然だよね。
それを自覚しては自分の無能さとか、あるいは汚い女性性に息ができなくなる。

もっと、ずっと無償の愛でないといけない。
そんなものないよって声は聞かないことにした。
あるかないかなんて、そんな問題じゃないんだよ。
償いが無い?当然だ。
例えば、その首筋と瞳があらゆる他者を拒絶するみたく冷たいことがあるように。
それぐらい当然のことだった。

「自分の意志ないの?まるで生きる死体だな」

求めない。肯定する。信じる。
意志のない人間には、嫌悪どころか無関心かもしれない。
まるで生きる死体。そうだねここに君が探してる刺激はないよ。

永遠に知ることのない領域に触れて焼き殺されたのかもしれない。
交わす言葉に込められた暴力性に為す術もなくねじ伏せられたなら、それも幸運。
呪いの賞味期限を何度も何度も確認しては、安堵と畏怖を繰り返す。

君に執着している自分が好きなのかもしれません。
献身が美徳だと信じて疑わない。自己愛だと糾弾する権利が君にはあるよ。

少し疲れていることに気がついた。
そんなの決まってるじゃないか。
どんなに呪っていたって、死体だって、生きちゃってるんだもの。

欲しがって欲しい。
求めて欲しい。
願って欲しい。
寄りかかって欲しい。

名前を呼んで欲しい。
手を繋いで欲しい。
抱きしめて欲しい。

所有して欲しい。
必要として欲しい。

振り向いて、笑いかけて欲しい。

キリのない欲求は生きてることの証明で、私はやっぱり笑うしかなくて。

ああ死にたい。笑って死にたい。
君の眩しさにあてられて死にたい。

今日も素敵ですね、明日はもっと素敵なんでしょうね。
どこまでも飛んでいってくださいって、祈ることだけ欲張ってもいいですか。

「君の2秒をください」それすら言えない。
諦めに隠れきらない臆病なわがままを、君に愛して欲しかった。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「死人の愛/曲/θn」への4件のフィードバック

  1. この曲に見捨てられたような文でした。
    お陰で救いようがない感じがして、とても可哀想な印象を受けます。
    詩のような文でしたが、もと曲があるのならむしろ小説か、音楽のいらない形に文を作ってしまった方がいいのではないでしょうか。どうしても曲の方が印象が強くなってしまうものですし。
    ただ曲と対になるような文としてはよかったのではないでしょうか。ちょうど曲の印象と遠い印象を抱かせる文でした。

  2. こんなこといっては失礼かもしれませんが、お、おんなのこだーーっ。
    自分の女性性を突かれるようでした。痛いけど激しく頷きたい。
    生きる死体、死体でも生きている、という文と、歌詞の死んでいるように生きている(うろ覚え)が対称的で好きでした。
    アイネクライネでないところが、容赦なくてよかった。

  3. 全てに疲れ切った中で現れた本音というか本性というか、それこそこの文が歌詞であるかのような印象を受けました。一つの思いが、これ程までに文章に突き抜けているととても心地よいというか。
    最初に提示した曲にアンチテーゼっぽいものがあったのなら、「くだらない」とか一言だけでもフィードバックがあってから書き始めると入りやすいのかな?最初曲に対して文章がどういう感情なのか分からないまま手探りで読んでしまいました、深読みのようでそれもまた一興でしたが。

  4. 自分の中の矛盾する気持ちが文章にめちゃくちゃ出てて気持ち悪いですね。良い意味で。
    ◯◯して欲しいっていう本音のところがちょうど昨日みた映画のヒロインみたいで女の子ってそういう感じになるのねって妙に納得させられました。
    曲についてですが、もともとこの曲聴いてたっていうのもあるのかわからないですけどいまいち繋がりみたいなのがわかりづらかったです。すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。