感じたいもの/夏/Gioru

最近、夏祭りに行かなくなったなぁ、って思う。

 

まだ小さい頃、それこそ小学校低学年の頃は親と一緒に。高学年の頃や中学生のころには友達と一緒に行くのが、私の夏まつりだった。

田舎でのお祭りだからそんなに大きなものではないんだけど、お祭りはお祭りなのだ。

 

屋台が並んでいる通りに一歩でも入れば、まずアルコールの臭いとおじさんたちのゲラゲラとした笑い声が嫌でも私に降りかかってくる。ここだけがとにかく苦手だったな、と。親が普段からたくさん飲む人ではなかったから、酔っ払い特有の雰囲気に慣れていなかっただけなのかもしれない。けれども、当時の私にとっては何が起こるか分からない雰囲気がぴんぴんと伝わってきて、怖く感じたのだ。

それでもお祭りに行こうというあたり、非日常を望んでいたのであって、なにこの矛盾と思う。きっと綺麗なものの変化しか見たくなかったのかな。

酒を飲んでいるおっさんたちを見ても、当時の私にとっては「すげぇ!」なんて思えるわけもないし。あ、そのおっさんたちが担いでいるお神輿を見た時は「すげぇ!」ってなった。そのキラキラとした感じと、楽しそうに担ぐ姿に憧れたのかもしれない。

 

子供神輿というものがあっても私はやろうとはしなかったが。目立ちたくなかったし、見られているのが何より恥ずかしかったのだと思う。贅沢な子供である(私だ)。

 

高学年や中学生の時は、お祭りといえば友達と遊ぶための、そしてクラスの女の子と出会うための方便であった。女の子を誘う度胸があるわけではない私は、男ばかりでお祭りに行った。そこで、お祭りの雰囲気にのまれながら、いつも以上に高いテンションで駄弁ったり、花火すげーよなって言い合ったりするのだ。

もちろんこれだけでも楽しいのだが、そこで私は次のように期待するのだ。

 

「お祭りで偶然クラスメイトの女の子と出会って、浴衣可愛い! とか、なんかいい雰囲気になって二人で花火見ちゃったりしてそれから、なぜか二人の顔が近づいていって(ry)」

 

実際、お祭り中にクラスメイトの女の子たちと遭遇することはよくあったし、おしゃべりすることまでは何度も進んだ。田舎だから、同じ日に大きいイベントが重なることはないし、暇つぶしできる施設も少なかったから、ある意味なるようになっていただけだが。

ただ、期待するような出来事になるわけでもなく(というか、私が臆病すぎた)、更に私をがっかりさせるのは、出会った女の子に彼氏が一緒にいることだ。

その瞬間に私のテンションは早変わり。口では一緒にいるやつらといっしょにヒューヒィー言いながら囃し立てるが、内面では「うわぁ、マジかぁ」と、もう心の中で膝から崩れ落ちている感じ。それなのに、楽しそうにしている二人を見ながら「まぁ、彼女が楽しそうならいいか」って謎の強がりを見せる。ちなみに、態度には表していないはずだから誰も見ていない。本当に、なにやってたんだろう。

 

高校生では一回しかお祭りに行かなかった。行くのに疲れてしまったのか、人混みが嫌だからなのか、カップルをみたくなかったのか。

 

そして大学生。地元を離れたがためにそもそもいつ、どんなお祭りがあるのかわからない。1年生の夏はなんだかんだと理由をつけて一度も行かなかったような気がする。

そもそも、山の中から来た私にとっては、駅前に行くだけでも既にお祭りのような状態に出会えるわけである。もうナニコレ感。まぁ、最近はそんな光景を見ても何とも思わなくなったのだが。慣れってすごい。

 

今年は夏祭り行ってみたいなぁ、と思う反面、行ってどうするのさって思う私もいる。行って何するんだろう。とりあえず花火見ればいいのかな。

 

今の私の予定表の中に、夏祭りに行くっていう予定は入っていない。去年と比べて2倍以上に予定が埋まっているのに(当社比)これはいったいどういうことなのか。

 

察してほしい。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「感じたいもの/夏/Gioru」への2件のフィードバック

  1. 子供の頃地域の夏祭りには行きましたが、都会だとどこでやっているかわからないですよね。失礼ですが屋台について書いてないことは意外でした。
    夏は会わない人が多くなるので、その中であっている人というのはその人にとって近しいんだなぁとは思います。夏祭りだとそういう人達に遭遇するので意外な組み合わせに会ったのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。