8月32日/夏/jboy

中学生の時、一年のうちで一番楽しみだった日はいつだったか? 遠足、修学旅行、文化祭、体育祭など中学校生活の中では、いろいろなイベントがあり、選択肢は豊富だろう。そんな中で一番好きだった、楽しみにしていた日は、夏休み明け最初の登校日であった。あの何物にも代えがたい高揚感は何だったのだろう……。

クラスメイトのみんなが、やれどこへ行った、やれ何をしただのと、クラスではプチ発表会が開催される。基本的には、部活や塾で夏休みをつぶしていた生活を送っていた自分にとって、他人の夏休みの報告というものは、非常に魅力的にキラキラと輝いて見えた。当時SNSも、中学生の間ではそれほど普及していなかったこともあって、友達の報告の新鮮さと来たら今とは比べ物にならない。

しかも心身ともに急成長する中学生にとって、それまで毎日顔を突き合わせていたクラスメイトと、突然会わなくなる40日間というのはどれほどの変化をもたらすことか。○○君の身長が3センチも伸びたり、ちょっと気になるあの子も、少し大人っぽく見えたりと、周りの変化がとても目につく。

自分だって日焼けしたりとか変化しているはずなのに、こういう時は自分のことは見えなくなって、他の人ばかりが大きく変化したように感じて、まるで浦島太郎にでもなったような気分だ。

こんな状態なのだから、始業式なんてもう大変だ。静かにしろ! という前に出た先生の怒声むなしく、自分含め子供たちは、報告会の延長戦に突入する。はじめは仲のいい友達同士で、延長戦は出席番号の近い友達たちと。とにかくいろんな人の「夏休み」を聞くのが何より楽しい。特にそれほど普段話をしない人のほうが、「夏休み」を聞くことで意外な一面が垣間見られてなおよい。

40日間も会っていなかったわけだから、クラスメイトとの距離感を測りかねてしまうこともよくある。夏休み明けの功罪的なもので、でもそれすらもちょっとしたスリルでなかなか楽しい。相手はどう感じているかわからないけど。

ただこうした楽しさも不思議なもので、休み明けの登校2日目になるとなぜだかス~ッと消えてしまう。夏休みという大きな存在のもとで、それまで日常だった学校世界が突然遮断されて非日常と化し、休み明け初日の登校日によって再び日常に揺り戻されるこの一瞬のジェットコースター的加速が高揚感を喚起するのであって、登校2日目以降はただの日常に逆戻りしてしまう。

同じ休みでも秋休みや冬休みといったような、期間の短いものはそこまで魅力的ではない。単純に学校がしばらく無くてうれしいくらいのものだ。春休みは春休みで期間は短いものの、クラス替えがあったりして、またそれはそれで別の趣がある。だが夏休みの圧倒的な存在感には勝てない。春休み後は環境が全く変わってしまうという点で、夏休み後とは質的に異なる。その意味では大学の夏休み後は、中学生の春休み後と質的には近いかもしれない。

いずれにせよもうあの高揚感を味わうことは無いのだと思うと、死ぬほど寂しい。中3の夏休み後の人生が、永く続く「8月32日」になってしまったようだ。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「8月32日/夏/jboy」への4件のフィードバック

  1. 大人は気持ちをわかってくれないと言いますがまさにそうで、今ではもう中学生の時にどう考えていたのかさっぱりと忘れてしまいました。
    夏は懐古の季節なのか、材料が多いのかはわかりませんが、そんな中で瑞々しいそあの時の気持ちを思い出したように感じさせてくれました。
    昔のことを書くと、今の感情を綴るしか手段がなく、だからこんな感情を覚えているのが羨ましい限りです。

  2. 内容は読んでいて夏であるのに「暑い」というよりも、避暑地にように少し涼しく、書かれた文章同様一抹の寂しさを感じさせるような雰囲気だった。
    文章全体の印象としては、もう少し一文を短くしたり、簡潔な文章を心がけてもいいのかなと思った。内容のせつなさを際立てるためには、無駄な情報を省いてあげるといいのではないだろうか。

  3. この文章ものすごく共感できます。久しぶりに会うとなんだなみんな大人になってるような気がするんですよね。確かにこの感覚は夏休みの終わりくらいにしか味わえないし、夏というテーマでここに着目したのはとてもおもしろいと思います。これに共感できる人ってどれくらいいるんですかね。

  4. 夏休みではなく夏休みの翌日という選択が、新しいと思った。しかも、夏休み終わっちゃっただるい〜ではなく、楽しい話であるところもよかった。
    個人的には、特にクラス替えや入学直後の夏休みが明けると、長らく会っていなかった友達相手に緊張してしまうというよりは、逆に、前学期にどのような親しさで、緊張感でみんなに接していたか忘れてしまうため、なんだかみんなとけっこう仲がよかったような気がしてしまい、そのテンションで話しかけた結果、相手も勘違いし本当に仲良くなるみたいな効果があるような気がしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。