薄明るい/夕方/いせ

 私は夕方という時間帯がどうも苦手だ。

 日を沈めながら気温をぐいぐい下げていくあの感じは、もの悲しく一日の終わりを予感させ「今日一日大したことはできなかったなァ。」などとすこし感傷的な気分にさせる。さらに、昼と夜をつなぐ夕方は、夜と朝をつなぐ夜明けと、太陽が水平線にかかっている景色が似ていてまぎらわしい。

 ところで、私には『夕方』と聞くと時々頭をよぎる記憶がひとつあるのだが、思えば、この記憶も私の夕方のイメージに影響を与えているのではないだろうかと思う。

 私が中学二年生で季節がちょうど今くらいのころ、ことは起きた。当時、合唱部だった私は近々県のコンクールを控えており、とうとう翌日に迫ったある日のことである。その日は学校がいつもより早めに終わったのでさっさと帰宅し、自室のソファでねころがりながら最後に顧問の先生が言っていたことをぼんやり思い出す。

 『もう一度確認するけど、会場にはいつもどおり皆バスで行くからね。明日の朝、早いけど530分に学校に集合、二時間はかかるからね。ちゃんと早起きして、遅れないようにして下さいよ。じゃ、明日は頑張りましょう―』

「目覚まし、セットしとかんとなァ」

卓上のアナログ時計のねじを回して朝4時半に目覚ましを設定し、ふたたびソファに戻る。「これで、大丈夫…たぶん。学校へはお母さんに送ってもらうようすでに頼んだし、うん。」と、一息ついて、だんだん眠気がさした午後三時。ちょっと寝てもいいか。

…これがいけなかった。

 

「!」

 少し肌寒い部屋の温度ではっと目が覚めた。障子に透ける外は薄明るく、かすかに光が差している。いやな予感がした。「・・・この感じ、まさかもう、いやでもしかし、どうか勘違いであってくれ」と机の方に目をやると、短針が56の間で、長針がちょうど6を指している目覚まし時計がかちかち音を立てていた。

「…?……!!!!

瞬時には理解できず、時計を凝視するがやはり信じたくないがどう見ても5時30分を指している。目覚ましが鳴った記憶さえない。朝であり、コンクールであり、遅刻である。やばい、まずい、完全にやってしまった。「はァ、遅刻か。」という変な納得とものすごい焦りで、もう私の頭は真っ白だ。「いやしかし、まだ大丈夫だ。家から学校までは車でぶっ飛ばして5分で着く!

 ばたばたと居間に行くと、父がいたので母の行方をきくと「お母さんは買い物行ってると思うけど」と一人で焦っている私を見て不思議そうに答えた。

 …なんと悠長な!でもなんで買い物!?朝、送ってっていったのに?とりあえずパニック気味に事情を父に説明すると、学校に連絡してバスの出発を待ってくれるように電話するから準備しろと言う。父は訳がわからないという感じでありながらも私の混乱につられて焦っていた。急がなければ…!

 

 …結果的に言うと、私はバスの出発時刻に十分間に合わせることができた。なぜだろうか。部屋の時計はちゃんとあっていたし、目覚ましもセットされていた。しかし、目覚ましが鳴る音も聞こえなかったのは当然だった。だって、本当にまだ鳴っていなかったのだから。

 つまり、私が目を覚ましたのは、確かに5時30分だったのである…夕方の。

  そんなわけで、私は家族や友達や先生やらにおおいに笑われ恥をかいた。父は中学の先生に直接電話したのだから、いたたまれない。なんだかすごく申し訳ない。今となってはしょうもない過去の出来事と化しつつあるが、思い出すびになんだか気まずい。       やはり、夕方が苦手な一因なのだろうかとしみじみ思う。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「薄明るい/夕方/いせ」への4件のフィードバック

  1. 今までフォントを変えている人を見たことがなかったのですが、文の雰囲気と合っているし字が詰まっても読みやすかったです。

  2. 夜明けと夕方が紛らわしくて嫌いということと、その後書いた中学生の時の出来事との関係が分かりやすくてよかったと思います。しかし思い出話だけを書いて終わりというのは読んだ後モヤモヤ感が残った。何が言いたいのか。笑われたことで夕方が嫌いになったのか、しかも何年前のことなのに未だに引きずっているのか。「夕方は嫌いだ!」と主張するのは何の問題もないし面白い文章になる要素は十分あるのだが、もう少し工夫して内容を充実させたら良いのではないか、と思いました。

  3. フリで落ちが分かるというのは構造的にまずいのでは?内容は面白かったけれど主軸を変えた方が面白くなるとは思った。
    また、締めの文の内容がほぼないのはやめた方がいいと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。