私的国語辞典/夕方/どみの

黄昏(たそ-がれ・コウ-コン)【名】

黄昏といいますと、夕方の薄暗くなり「誰そ、彼は」と人の顔の見分けづらくなったときのことをいいます。この「たそかれ」にきいろくくらい(黄色く昏い)などと雑に当て字をしたものが現代語として使われております。

雑にと申しましたが、黄色を選んだ理由をよく考えてみますと、一番適切な色であったのでしょう。夕暮れのイメージは赤色や橙色になりがちですが、黄昏どきは夕日が沈んだ後のこと。それは赤色よりも空色と橙色の間のような色であるのが現状であり、そういうことから黄色を選択したのだろうと考えることができます。また非常に個人的には、夜、闇を迎えるということがあの世(冥土)に向かうこととリンクし、その冥土の「冥」が「黄」と似ているような気がしてそうつけたのではないかと雑に考えたりも致しました。

 

 

類語

かはたれ(彼は誰)

古典の授業で、「たそかれ」とセットに覚えるようにいわれたこの言葉。言葉の意味としては「彼は誰」というように、「あなたは誰?」と問うような薄暗い様子、ということ。それが転じて夕暮れどきを指す言葉でありました。しかし現代の古語辞典には、おもに明け方のこととされております。時代が進むにつれ、勝手に「たそかれ」の反対語という立場に立たされ(理由は不明)、「たそかれ」が夕暮れどきを指す言葉でよく使われるようになったから、あなたは明け方を指す言葉にしといてなどとされてしまった「かはたれ」を私は類語という位置付けに置いておきたいのであります。もしかしたら、「かはたれ」が黄昏に変わる現代語として使われていたかもしれないのに、「黄昏(かわだれ)」と呼ばれていたかもしれないのに、運命とは残酷であることをひしと感じる言葉であります。

 

逢う魔が時(おうまがとき)

物騒な字面ではありますが、こちらの言葉も夕暮れどきを指す言葉であります。昔から境というのは、不思議な力を持っているとされております。何故、わざわざ村の境界線や峠の始まり、そして神社の入り口などにお地蔵様が置かれているのかと申しますと、境界の守護者であるお地蔵様が、外部からの侵入者・疫病・悪霊の防波堤の役割を果たしているからなのです。このように、何かと何の間には、悪いことが起こるとされており、昼と夜の境もまた例外なく適応されます。夕暮れという境目は、魑魅魍魎が活動し始める時間、もしかしたらそれらと出会うかもしれないということが転じて、夕暮れどきを魔と逢う時、逢う魔が時とこう呼びます。では逆に朝方もその境界線ではないかとおっしゃる方もいるとは思いますが、その時間帯は、ある意味人外である神や仏といったものが現れるとされていたとのではないかと、日の出を御来光というように、といった個人的な雑な考えで納得していただけたらと思います。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「私的国語辞典/夕方/どみの」への3件のフィードバック

  1. 一つ一つのまとまりが、しっかり構成されていて読みやすかったです。
    英語圏で牛を表す言葉が多いように、ニュアンスの違いこそあれ、夕方近辺を示す日本語がこのように多いのは、やはり夕方を特別なものと考える文化の反映なのかもしれないと、改めて思いました。

  2. 某この夏大ヒットしたアニメ映画のワンシーンにありそうでないこの雑な感じ好きです。
    辞典をモチーフにするのであれば雑な例文がそれぞれにあればもう少し各セクションの締まりがよくなったし面白かったのではないでしょうか。

  3. 映画「君の名は。」でこの文章と似たようなフレーズを聞いて親近感が湧きました。私的国語辞典という発想がまずすごいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。