18の奥に突っ込んでも届かない/夕方/生野菜

 おうちに帰ってきたら、いそいで洗面所で手あらって、おべんとうばこを台所に出して、それからテレビのまえまで走っていって、電源ボタンをおす。ボタンおしてからテレビの画面に何かうつるまで時間がかかるけど、そのあいだはリモコンの2ボタンをひたすら連打する。はやくしなきゃ、もうわたしのゴールデンタイムははじまってるんだから。

 夕方といえば、NHKの教育テレビ!
 16時からスタートする、わたしのゴールデンタイム。

 はじめは、「いないいないばあっ!」!みんなが着ているようせいさんみたいな服をわたしもずっとずっと着たかったんだ~。でも、わたしが見ていた頃のおねえさんが、いつの間にか二十歳こえててびっくり!だけど、ワンワンは今もむかしもぜんぜん変わってなくて安心した!
 それから、つぎの番組は日替わりだったっけ。「ニャッキ!」か「カペリート」か「ナッチョとポム」か、他にも何かあったかもしれないけど、よく覚えてないや。いろいろある中でもいちばんすきなのは「ニャッキ!」!
 そして、つぎはわたしがいちばんすきなやつ、「おかあさんといっしょ」!わたしが「おかあさんといっしょ」がだいすきだから、かあさんがDVDを5まいくらい買ってくれたんだけど、いつの間にかわたしのうたのおにいさん、けいさつに捕まってたみたい!びっくりだよねー!
 その次は何だったっけ。そろそろ記憶があいまいだ。放送していたじゅんばんはよくわかんないけど、「ピタゴラスイッチミニ」も見てたな。「いーっぽすすんでまえならえー」ってね。なぜか知らないけどミニしか見たことないや。ミニじゃないやつもあるんだよね?
 それから、「からだであそぼ」ってやつもあった。ケイン・コスギがでるやつ!
 あと、「えいごであそぼ」も見てた。あ、今の「えいごであそぼ」に厚切りジェイソンが出てるなんて知ってた?わたしは知らなかったよ!
 「にほんごであそぼ」っていうのもあるよね。というか、なんちゃらであそぼっていうばんぐみ多すぎるよ!ぜんぶすきだけどね!
 それでね、17時40分になったら、「ひとりでできるもん!」がはじまるよ!りょうりができる女の子って、魅力的だよね!私は料理できないよ!
 それから、つぎの「ハッチポッチステーション」は、かあさんもわたしといっしょに見てくれるから、なんかちょっとうれしいんだ。わたしにはわからないパロディネタがたくさんあったみたいだけど、今の私なら少しはわかるのかもしれない。おおきくなってからもう一度見直してみたらおもしろいかもしれないね。
 つぎは、「おじゃる丸」!おじゃる丸は、わたしとおなじでプリンがすきなんだ。わたしが「おじゃる丸」を見てた頃は小学2ねんせいのカズマたちがおおきく見えたのに、いつの間にか私はカズマの倍以上年を食ってる。むしろもううすいさんとかの年齢のほうが近いのか。
 続けてアニメ「忍たま乱太郎」も見るよ。食堂のおばちゃんが「おのこしはゆるしまへんで~」って言うから、ごはんは残さず食べるようにしなきゃっていつも思ってた。そのへん、教育テレビということもあって、大事なことがアニメを媒介にしてちゃんと教育されていたのだなと思う。
 で、「天才てれびくん」がはじまるんだけど、これはなんかよくわかんないから、見ずにチャンネル変えるよ。ボタンは4。こっからはかあさんが広島テレビのニュースを見るんだ。

 ここからはかあさんの時間。わたしの夕方はおわり。
 うん、今日も楽しかった!あとはご飯ができるまで待っていよーっと。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「18の奥に突っ込んでも届かない/夕方/生野菜」への4件のフィードバック

  1. 懐かしい番組勢揃いですね、私はリアルタイムで見た(当時小学校高学年)、しょうこおねえさんのスプーの絵描き歌が未だに忘れられません。それはさておき、この文章の主人公の年齢設定が見えないというか。教育テレビを純粋に楽しめる年齢にしては大人びすぎているし、現在の我々に近い年齢だと平仮名が多いしで幼稚すぎるし、そこの区別をしっかりした方が良い気がします。タイトルの18は時間のことですかね?確か天才テレビくんは18時からですし、そこからはお母さんの時間だから子供の私は入れないということなのでしょうか?違ったらすみません。

  2. 単純に懐かしく思った。私はニャッキの顔がばってんになるときがなぜか怖かったのだけど、調べてみたらニャッキにトラウマを抱いている人がけっこういるみたいで、びっくりした。
    文章の不思議なテンションがおもしろいのだけど、幼い主人公が教育番組を見ているのか、今の私が懐かしく思いながら見ているのか、途中からよく分からなくなってきてしまった。
    あと、読み終わって、けっきょく何がしたかったんだ?という疑問は残る。懐かしさを伝えたいならひとつひとつの番組について、自分がどう見ていたかをもっと掘り下げたらいいし、夕方のゴールデンタイムを表現したいなら、毎日習慣のようにそれを見る様子を強調したらいいし、幼少期からの母親との関係とかもポイントなら、少しそこを描いてもよかったかも。

  3. 世代丸かぶりなので同じく番組名懐かしいです。ひらがな表記と口調で子どもの語りかな?と思って読んでいたのですが、歌のお兄さんの逮捕といい、大人になってから知ったことが書かれていて幼児退行?不気味さを感じました。(意図はよく分からなかったのですが…)

  4. とても勢いのある文章でしたね、こんなのあったねー、と順番にかかれていて確かに、としみじみ感じます。
    でも、それだけなかんじもしましたね。前の方も書かれていますが文章の書き方のわりには分別というか世間が見えていてミスマッチ。大きくなった主人公が、少しの間退行しているのなら、それがわかるような雰囲気を匂わせてみるとよかったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。