八王子の社畜/夕方/さくら

八王子駅。

東京都西部のターミナル駅の一つだ。中央線に乗れば新宿・東京まで1本で行けるため、ベッドタウンとして、朝には多くの通勤通学者で賑わう。

ところで、「駅メロ」というものは知っていると思う。電車が発車するときに、それを知らせるために構内に流れる短い音楽のことなのだが、八王子駅の駅メロは、なんと「夕焼け小焼け」なのだ。

懐かしいメロディ。

「夕焼け小焼け」といえば、全国至るところで夕方4時~5時ごろに防災無線などを通じて流され、子供の帰宅の合図として親しまれているので、読者の中にもこの曲を聴けば、もう夕方かあ、あのころは家に帰る時間だったなあ、と小学生時代を思い出し懐かしくなる人も多いだろう。

 

そんな音楽が、あろうことか朝7時にも流れるのが八王子なのだ。しかも、八王子を通る八高線・中央線・横浜線全てが発車するときこのメロディを採用しているため、朝だろうとお構いなしに夕焼け小焼けが聞こえてくる。毎朝死んだ目をして会社に通っているサラリーマンにとって、自由で楽しかった小学校時代を思い出すこんな感傷的な音楽は刺さるものがあるのではないだろうか。

休日出勤のサラリーマン。生きるために働いているのか、仕事のために生きているのか分からなくなるような過酷な労働。心は荒み、あのころの純粋さはもうない。そんな時、駅を発つときに聞こえるメロディは、子供の頃、近所の友達とボール遊びをして、疲れたら駄菓子屋で10円ガムを買って、あたりが出ないか楽しみにしていた、そんな頃を思い出させるあのメロディ。

いやいや、発狂するでしょ。

 

まあ、実際は、「こんな時間にこんな曲かよwwww」→「いやもう慣れたわ」って感じみたいなので、ここまで悲観的な分析をする余地はないみたい(あればとっくに廃止されている)なので、問題はないみたいなのですが、辛いときに楽しかった昔を思い出させるなんて相当な拷問ですよね。ポケモンのダイヤモンドパールが10年前なんて、考えたくないし。

余談ですが、うつ病の人を慰めるのは、かえって逆効果だそうです。ホームで懐かしい音楽を耳にして、自分が惨めになって…

 

◆運行情報◆中央線は、八王子駅での人身事故の影響で、一部運転を見合わせています。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「八王子の社畜/夕方/さくら」への1件のフィードバック

  1. 私のいた地域では「夕焼け小焼け」ではなく「ふるさと」が夕方の合図だったのであまりピンとこないのですが、大人になってつらい時に聞くと確かに感傷的になってしまう。憂鬱な朝から穏やかな夕方を連想するのもつらい。
    何気ないことを語るような口調に似合わない暗いオチが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。