この差って何ですか?/食べたい/竹

「間もなくバスが発車いたします、お立ちのお客様はおつかまりください」

 

あぁ、もうバス出るのか。午後11時までのアルバイトを終えて疲れ切った私はそんなことくらいしか考えていなかった。6時間立ちっぱなし、動き回りっぱなしの仕事で心も体もクタクタだ。バスがゆっくりと動き出すと、心地よい揺れが伝わってくる。窓側に首を傾けると、エンジンの振動で頭が痺れる。頭にまとわりついた痺れでさらにボーっとしながらも、そうだ、音楽でも聴くかと思いイヤホンを耳につっこむ。疲れのせいか、多少動作は荒い。

 

バスに揺られながら目を閉じる。が、数秒後にはまた目を開けてしまった。乗り過ごすと面倒なことになるのでぐっすりは眠れない。うつろな目で何気なくバスの中を見回すと、右前方に恋人同士と思しき2人を見つけた。2人は交互に相手の耳のあたりに口を近づけ、何かをささやきあっているようだ。何回かそれをしたあと、彼らは目を合わせてくしゃっと笑った。

 

きっと、食べちゃいたいくらい好きなのだろう。

 

でたよ、その耳元でなんか言いながらベタベタするやつ。なんか楽しそうだな。またやってるなぁ、と思いながら私は彼らから視線をそらして、移り行く窓の外の景色に目をやった私は彼らを俯瞰することで現実に目を向けないことに必死だった。この事例は最近見かけることが多い。この1か月だけでも5例くらいは見てきた。耳元に触れそうなくらい口を近づけて何かを言うという行為は、最近の恋人たちのトレンドなのだろうか。

 

見ようと思っているわけではないに、どうしても彼らの甘ったるい横顔が視界に入ってしまう。それはいちごジャムの上にはちみつをかけたくらい甘かった。

 

「間もなく終点でございます お降りのお客様は足元にお気を付けください」

 

あっという間に着いてしまった。バスが止まり、そこから降りるとひんやりとした空気が身体の芯に突き刺さる。バスの中を見ると、彼らは幸せそうに見つめ合っている。

 

わたしはひとり、家路を急いだ。

 

 

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「この差って何ですか?/食べたい/竹」への4件のフィードバック

  1. 食べちゃいたいくらい、が唐突すぎてそこだけテーマに引っ張られたな、という感じ。もう少し間接的に「食べちゃいたい」を引き出すか、あるいはそこからもっと掘り下げるかすると良いのではないだろうか。互いの耳をむしゃむしゃ食べてしまう恋人の白昼夢を見たりするのも面白いんじゃないかと思ったが、それはちょっと、書きたかっただろう話の観点から逸れそうだ。
    結局主人公は嫉妬していたのか呆れていたのか分からないが、もっと突っ込んだ感情の掘り下げ方をするといいかもしれない。タイトルの「差」というのは主人公がどこに感じたものなのか、この文章からはなかなか読み取れなかった。基本的に読者は筆者の想像よりも三段回以上は確実に馬鹿なので、親切な表現をしたほうが自分の伝えたいものが読者に適切に伝わるのではないだろうか。

  2. [食べたい]を何とかしていれた感がすこしあったかなとおもいました。見たくないはずなんだけど横目にいれてしまうのはすごく共感します。

  3. 表現がその様子が浮かぶぐらいに綺麗で良かった。
    ただ、「食べちゃいたいくらい」という言葉が無理矢理に使われている印象。その少し後で食べ物を使った比喩を使っているのだし、そこで「食べちゃいたいくらい」という言葉を使っても良かったのではないだろうか。

  4. すごくよくある光景だし、仲がいいのは勝手ここでするなよみたいな呆れは共感できます。もうすでに出ていますが「食べたい」との関連は薄いですね。描写はすとんと読みやすかったけど、バスが発車するところで始まり降りるところで終わるのは、私ならもっと強調するか、逆にあんまり意識させないか構造をずらすかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。