いない場所にいるあなた/気になるあの子/猫背脱却物語

 いるはずのないところに、いるはずのない人を考えてみる。怖い話ではない。仲良くなった/なりたい人について、ふと「この人と出会う局面がここじゃなかったら互いに仲良くなっていただろうか」という妄想を繰り広げるのだ。大学で出会った友達が高校のクラスメートだったら、中学からの旧友とバイト先で出会ったとしたら、時空も飛び越えて先輩が同い年だったらとかも考える。

 考えの行き着く先はすこし結論が見え透いていて、結局今の形で出会えたのが一番だねえ、と丸く収まって終わる。だからって丸く収まるから考えなきゃいいだろうって話じゃないんですよ。「やっぱりおうちが一番って思うから」って旅行するの無駄とは思わないでしょう?そこに行き着くまで思い出を巡らせて、自分の過去にわざわざ有りもしなかったあなたを招き入れてみる。冷静に考えたらただの妄想だけれど、そうだその妄想がすきなのだ。すきですてきなのだ。

なので例にもれず考えました、考えてました、あなたのことも。

 どんな恰好で通学していたか知らないあなたがウチの高校のブレザー着てて。席はなんとなく前の席替えから変わらずに近くて、また一緒だねなんて話して。帰りのHR終わってもすぐに帰らず誰かと、教室の隅より少し真ん中、休み時間よりも遮る音のない教室にいつもよりあなたの声が響いて。間を縫うようにして僕が教室から出て行こうとしたらじゃあねー、っていってくれるみたいな。(こんな感じで進みます)

 どうやら強そうで弱い人。自意識が割と強いけど、多感なお年頃、それを行使して皆んなにわかってほしいとかは思わないくらいには大人、それは高校生のあなたでもそうだと思う。つるむ仲間はウチのクラスじゃ石川、泉、中村たちだな。ああでも、「クラスを引っ張っていくウチら最高の友達芸人」の彼女らにどこか合流できない何かを感じながら、でも班決めで一緒になってる。お弁当もそこと食べてるんだけど、食べ終わったらすぐに自分の机戻って次の英語Cの予習を終わらせてる。僕もぬけぬけとそれにあやかろうとする。減るもんじゃないからといって見せてくれるけど、たまにあなたが弱い日があったら予習プリントは真っ白で、そんな日のために僕は少しずつ予習をやるようになりたい。

 クラス外に仲いい相手いるのかな?クラスの中の関係でお腹いっぱいになって、それ以上面倒になってる気がする。でも絶対男子と話すの上手いのよあなた。特にこなれた進学クラスにいるウチの男子なら。さっきの三人娘よりも上手いこと男子と(人)付き合いできる。でもぱっと見で伝わる理知が、男子に自分のペースで話しかける気にさせない。新垣結衣が昨日も可愛かったーとか、今日3限寝てたでしょとか、話しかけても困るだろうなって思われてるタイプ。ほら、男子は自意識過剰だから。でも実際は困らないしむしろ気軽に話しかけてくれていいのになぁと思ってて、だとしたら私はズケズケとそこに入っていきたい。つまり

「3限のノート見せてくださいよ」

「え、寝てて一部白紙なんだよねごめん」

「あー、知っててあえて言ってますw」

「てめえ」

(笑い)

「見ます?」

「うん」

↑こういうことしたい

分かり合えてると思ってもらう必要はないけど、他の誰かよりかは分かってる人でありたいんだ、なんとなく。なんか僕と頭のベクトルが同じだから。

 やっぱり、あなたをみかけたのが大学で良かった気がする。何にもぶつかることなく泳げる大海原にいるあなたがあなたらしくて素敵です。高校という狭い水槽の中にいるあなたってちょっと息苦しそうで、少し儚げで。儚げ、って魅力的だけどそのまま消えてしまう怖さがどこかにあるから。

 だから、もしそんな姿を見かけていたら。あなたが34HRのどこかで少し浮かなそうな顔してたら。やあやあって話しかけて、くだらない会話でもして、無駄に議論とか白熱して、話すの楽しいし今度一回スタバでも行きましょうよって。なけなしの勇気とお節介でそう言ってたかもな。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「いない場所にいるあなた/気になるあの子/猫背脱却物語」への2件のフィードバック

  1. 大学が大海原で、高校は狭い水槽って表現が気に入りました。主旨からは外れてるのかもですが。高校のうちってある程度個性を抑えざるを得ないことって多いですよね。だからこそ、個性が発揮される大学で出会ったからこそ魅力的に映ったのかもしれません。高校ですれ違った2人は、仮の姿に運命を感じなかったかもしれないですからね。

  2. もし出会ったのがここじゃなかったら、今じゃなかったら、なんて考えたことなかったので、そんな妄想をし始めると毎日面白くなりそうだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。