なぜあの人は/気になるあの子/waku

最近失恋したというあの人について、なぜ彼は選ばれなかったのか分析してみたいと思う。

まず一つ目、彼は、相手がタバコ嫌いだからタバコをやめてたと言っていた。それはよくなかったんじゃないかしら。わたしからしてみれば、相手によって自分を変えてしまうような人間より、自分の好きなものは好きだと貫く人の方が魅力的よ。好きなタイプと好きになる人は違うのだから、相手のタイプに合わせて自分を変えるのは得策でないと思うわ。

二つ目、彼の「財布でもいい」という発言。初めからそう考えている男は結局恋愛対象にならないわ。お金につられて人を好きになることなんてないもの。「好きな人といられるなら財布でも何でもいい、いくらでも貢ぐ」という姿勢でいると、いいように使われた末に捨てられそうね。そんな男、ちっとも面白くない。私の身近にもそういう男がいたけれど、まったく魅力的に映らなかったわね。ちょっと頑張らないと堕ちないくらいの人の方が、なんというか、好きになって楽しめるもの。自分の気があるような気がないようなどちらともわからない態度をとられるのも、恋愛のしがいがあるわね。相手との駆け引きって恋愛の醍醐味だもの。

二つをまとめてみると、あの人には自信が足りなかったのではないかしら。下手に出て近づいてくる男より、多少強引なくらいの方が魅力的よ。女って頼りがいのある男が好きって言うし。「こんな物でもよければ買ってください。」って感じで売られるものよりも、「自信をもっておすすめします。買わなきゃ損ですよ」くらいの勢いで売られる方が、価値が高いものであるように感じるでしょう?それと同じだと思うわ。「こんな僕でもよければ買ってくれませんか。あなたの嫌いなものはやめますし、デートのお金はいつも僕が払いますよ。」なんて自分に価値をプラスしないと売れない、安くしないと売れない、みたいな、もともとの自分の価値を低く感じさせる売り方をしたから、女の子は、あの人を選びたくならなかったのではないかしら。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「なぜあの人は/気になるあの子/waku」への2件のフィードバック

  1. もっともだと思った。女性はたぶん男性のだめな部分も愛せるというか、融通のきかない部分こそ愛せるから、それを相手に合わせて空気を読んで、簡単に変えてしまってはいけないし、直接求められてもいないものを、先回りして与えてしまうのもだめなのだと思う。
    wakuさんはそんな彼の売り方さえ愛せるのか、そんな彼を放っておけないから本気でアドバイスしたいのか、なぜ彼が気になるあの子なのか、もっと自分と彼の関係について説明されているとよかったかも。

  2. なんだか勉強になりました。男の恋愛において相手に寄ることはタブーなのでしょうか。相手に寄ることなく戦える男は相当自信のある武器を持ってると思います。でも世の中そんなに自信のある男ばかりではありません。相手に気に入られようとすることでしか戦えない男もいるんです。文章に関してはなんだか強引な女言葉に違和感を感じました。そこは自然体でもよかったんじゃないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。