勝手に同志/気になるあの子/フチ子

入学当初から顔を知っているので、勝手に親近感を湧いている方がいる。中学高校と女子だけに囲まれたわたしと、男子だけに囲まれたその方はなんとなくこじらせ方が似ているような気がする。まことに勝手な、気がするだけなのだけど。

ほぼほぼ男性とまともに話したことがなかったわたしは、これからの大学生活に強い期待を持っていたし、不安で押しつぶされそうだったのだが、彼には片意地張らずに話ができた気がする。なんというか、お互いがんばろう、両性別揃うこの大きな舞台で!といった、仲間意識があった。

彼にはアドバイスしたい欲が募る。そんなにがんばらなくっていいよ、余裕がだいじなんだよ、おそるおそるしなくていいよ、そんなに気前良くならなくていいよ、下手に出なくていいし、気分屋くらいが異性にはモテるんだよ、こだわっちゃダメ。とか。

そんな大学生活も3年過ぎて、お互いにそこまで成長していない。こうやって頭の中で彼にアドバイスをしているのだけど、同じようにわたしにも跳ね返ってくる。異性を特別なものとして見過ぎなんだと思う、星の数ほどたっくさん異性はいるはずなのに、目の前のことしか見えない。

でも、そんな彼がたまにかわいらしくみえる。もっと自信持てばいいのに、ネタに走らなくても、いや、走ってもいいのだけど、走りすぎなくても十分に魅力的なのに。いやいや、ネタに走ってくれるからこそ落ち着いて話せる女もいることを知ってほしいというか。いや、まあ、どうでもいいか。

正直そこまで仲良くないけど、ふと久しぶりに授業が一緒になったとしても、気まずさもなくこんにちはを言える貴重な存在なので、わたしは嫌いじゃない。なにかと勝手に同志のように思っているので、幸せになってほしいとひっそりと思う、あの方である。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「勝手に同志/気になるあの子/フチ子」への5件のフィードバック

  1. 自分勝手な文章で、まさに「気になるあの子」ですね。
    彼にアドバイスをしたくなるのは、きっと彼に自分の姿を投影しているからなのでしょう。

  2. 最初に思ったのが「わかる」だった。自分の知り合いにも妙に頑張ってしまっている人がいて……あぁあぁそんなに頑張らなくてもいいのにって言いたくなってしまう。言わないけど。思考が追いやすかったのか、読んでいて心地よい文章でした。

  3. 彼の頑張っている姿が見えるようでとても応援したくなりました。
    異性に対して特別視しないようにするなんて無理だと思います。でもしないように見せるからこそ駆け引きが成立するのかもしれません。

  4. 誰だかわかるようなわからないような。答え合わせが楽しみです。勝手に同志なあの方 は私にもいるので、ちょっとその人について書くとしたらと考えてしまいました。わぁ、ブーメラン・アドバイス……
    一文が長めなのは仕様なのでしょうか。少し切っても、一つ一つ段階を踏むようで面白いかもしれません。

  5. 別に恋愛ではないけど、他の友達とは一味違う感じ。
    純粋に、そう思える存在がいることに羨ましいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。