彼がひとりでいるとき/気になるあの子/あんぱん

私の中での彼の第一印象は「友達の多そうなキラキラした人」でした。「でした」と書きましたがその印象は今でも変わっていません。私自身に友達があまりいない分、キラキラした友達に囲まれて楽しそうに話す彼を見掛けて余計に『ああ、こういう人とは住む世界が違うんだろうなぁ』と感じたものです。

 そんな彼の印象に別の要素が加わりそうな出来事がありました。春学期のある一般教養の授業が私と彼は一緒だったのですが(おそらく気付いているのは私だけ)そのときに見る彼がだいたいひとりでポツンと授業を受けていたのです。たしかにその授業は人文の人が少ない授業だったのでひとりで受けていても特別不思議な話ではないのですが、私の中での彼の第一印象が「友達の多そうなキラキラした人」だったので、どんな授業も集団でワイワイ受けている印象が勝手にあったのです。この出来事が私の意識を彼に向けたのかどうかは分かりませんが、この少し後に英語の授業も彼と一緒だったと気付き(こちらもおそらく気付いているのは私だけ)これまた彼は基本前の方にひとりで座って受けていました。

 率直に言ってしまえば、意外でした。そして勝手ながらに少しの親近感も抱かせていただきました。私はひとりで授業を受けるのにはそこまで抵抗はないですしそういう授業もいくつかありました。ですが、彼のような「友達の多そうなキラキラした人」はどの授業も集団でワイワイ受けているような印象がどうしても拭いきれなかったのです。この偏見の塊のような私の考えは彼のこのような姿を目にすることによって少し改めることができました。

 そして秋学期。同じスタジオになり彼の自己紹介を聞いてみると、なんともまぁ濃い自己紹介をしてらして。でもやっぱり話の内容の節々がキラキラしていて私とは違う世界の人で。

 人というのはひとりの時間と誰かといる時間のどちらかを過ごすものです。私はその内のひとりの時間を過ごす彼を偶然見たのでしょう。どちらが素の彼か、なんてことはあまりにも関わりが薄すぎて皆目検討もつきませんしおこがましくて何も言えませんが、今回スタジオで一緒になったことですから、また何か「友達の多そうなキラキラした人」以外の姿を見れたら面白いなぁとほのかな期待を抱いております。
 

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「彼がひとりでいるとき/気になるあの子/あんぱん」への3件のフィードバック

  1. 話は全く面白くないから、語り方を変えれば良いんじゃない?少女漫画みたいなモノローグ感覚で書くとか。

    固い文章で砕けない内容を書くには能力が必要。

  2. ちょっと全体的に固いかなぁという印象です。あった出来事をそのまま書いてしまっているのでもったいないかも…みたいな。そのキラキラについて掘り下げられればもうひとつ別の視点が生まれたかもしれません。

  3. ひとりでいる人って魅力がありますよね。別に友達はいるのにひとりでもいれるのを見るとかっこいいと感じます。そうやって後ろに座ってる人から憧れられる彼がうらやましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。