片思い/気になるあの子/やきさば

ただただ好きだ。

彼とは2年目の付き合いになる。
はじめはどこかとっつきにくて、本質が見えなくて、どう接していけばいいのか戸惑ったが、彼の無邪気な笑顔を初めて見たときそんなことは吹っ飛んだ。
こんな風に笑うんだと柔らかい衝撃を受けて、この笑顔をもっと見たいと思った。

いつもは静かに、穏やかな笑みを浮かべて、人に対して何をするでもなくただただそこにいる。
少し両端が上がった薄い唇の間に歯は見えなくて、むしろ寒くなってくるこの時期は毎年タートルネックで顔を埋めるようにして歩いていて、何を考えているかはわからないけど、おそらく有害ではないんだろうなという感じ。人を遠ざけているような、そうでもないような。つかみどころがない。

でも、蓋を開けてみると全然違った。
笑顔で毒を吐くし、愚痴だってこっちが聞きたいと思ったときには必ず言ってくれる。
綺麗な顔から生み出される無邪気な笑顔は、そこから除く八重歯がとても可愛らしくて嫌味が一切ない。
むしろ毒を吐いているのに、彼の本質が見えた気がして、彼がこちらに心を開いてくれた気がして、嬉しくてたまらないのだ。静かな姿からは想像できないほどの明るい笑い声をあげて、その場にいるみんなを楽しませる。
彼がいると心が喜ぶのがわかるし、彼がいないと心が寂しがっているのがわかる。

彼は常に優しくて、わたしが心が喜ぶのを止められないまま彼にぶつかっても、全て受け止めてくれる。
ああ、ちょっとやらかしたかなと思っても彼は笑って全部包んでくれる。

彼の好きなところ、気遣いの天才であるところ。
いつも静かでいるのも、笑顔で毒を吐くのも、明るい笑い声をあげるのも、全部周りにいるわたしたちを気遣ってのこと。わたしたちを楽しませようと、わたしたちと同じ時間を過ごそうと、全部彼が気遣った結果のこと。
彼が必要と感じた時、今まで何も見てなかったふりをして、必ず手を差し伸べてくれる。
不毛なほど周りの行動が気になって仕方がないわたしだけど、彼に対しては一切言動に不満を抱いたことがない。

彼はきっとその気遣いが誰にもばれていないと思っている。
誰にも気づかれないように彼はふるまっているし、そこがまた彼の好きなところ。
けれどわたしは気づいてしまった。だから好きになった。

こんなに好きと思える人ができたなんて嬉しい。
その好きな人と毎週必ず会えるのが嬉しい。
私は幸せものだ。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「片思い/気になるあの子/やきさば」への2件のフィードバック

  1. ときめいた。恋じゃないのか??けど誰だろう。彼のことをすごくよく語っているところと、自分との関係が多く書かれていることでそう思ったのだろうが、なんかすごく素敵な人のようで、表現が漠然としていて掴めない。
    多くの人が、第一印象から一転した人を「気になる人」として挙げていた気がするので、そういうものなのかと思った。やっぱり、自分だけがこの人の隠れた部分を知っているという感覚が、惹きつけられる要素なのかも知れない。

  2. これはガチのやつでしょうか(笑)ど直球な感じがなんだかいいですね。高校のときの恋愛を思い出しました。大学に入ってからあそこに行けば確実にあの子に会えるっていうのがないんですよね。クラスがなくなったから。明日もあの子に会えるみたいな楽しみがなくなってしまったのが寂しい感じがします。スタジオがその役割を果たしているなんてなんだかうらやましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。