人生は片付けの連続だ/片づけ/やきさば

人生は片付けの連続だ。

 

朝の9時半に起きて11時からのバイトに行った。全休の火曜日は毎週朝からバイトだと決まっている。いつもは10時からだが、店長が人件費を削減したいのか何なのか今回は1時間入り時間を遅らせられた。別に1時間ぐらい苦じゃないしむしろ働きたいくらいなんだけど。

朝ごはんを食べる時間が無かったので行く途中でコンビニに寄る。最近お金がないので102円のツナマヨおにぎりと93円のチョコスティックパンを手にして会計へ。本当はおにぎり3個ぐらい食べてしまいたいところだけどお金の心配により我慢した。

電車を待つ間におにぎりをぱくり。ああ、別におにぎり1個でも十分だったことに気づく。お昼は無料で賄いを食べる予定だから、このパン邪魔だな。

その後バイト先に着いて、暇すぎたので同じシフトの人に尋ねてみた。

「おなかすいたな~」

「朝ごはん食べてないの?」

「食べてないです(嘘だけど)あ、でチョコスティックパン持ってきました」

「じゃあそれ食べちゃいなよ、今暇だし俺が店でとくから」

「ほんとですか!ありがとうございます!!」

 

チョコスティックパン片づけコンプリート。

 

 

4時間後、就業時間が終わり次のシフトの人が来る。仲の良い人だったので「最近どうなの~」と話を振られ、たまっていた日常の愚痴をはきまくる。

 

日頃のうっぷん片づけコンプリート。

 

 

帰りのバスにて。バイト先での自分と日常での自分は意外と距離があるようだ。自分で想像以上に愚痴りまくったせいかその距離感に吐き気がしてくる。こらえながら日常の自分に戻るために、重い足を進めて学校へ向かった。やっぱりバイト先での自分のままでいるのは気持ち悪いらしい。

 

5時間後、サークルがやっと終わる。サークル片づけコンプリート。

 

 

家に着いて4時間後、スタジオの課題にとりかかり、途中で寝落ちを繰り返しながらその8時間後、スタジオの課題を終わらせる。

 

課題の片づけコンプリート。ポチッ。

 

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「人生は片付けの連続だ/片づけ/やきさば」への3件のフィードバック

  1. 何気に一番時間がかかっているのがスタジオ課題という所がツボですね。
    片付け、とすると、どんなことでもやらなくてはいけないことであったような義務感的なイメージがついてしまうのは私だけでしょうか?

  2. やきさばさんの文章読みやすくて割と好きなんですが、読点がほとんどないことに気づきました。短い文でテンポよく繋げていくのは読者としても労力が要らず楽です。
    「片付け」タイプの思考回路の人は、予定とかやることが日常的に補填されていってそれをたえず消化していくイメージ。世の中にはそれができずに「拾い癖」タイプになる人間もいて、埋まらない時間を埋めるのに必死なこともあります。

  3. こんな風に日常を見ると、日頃の多くの動作が片付けの作業になっていると感じられて面白いです。何かを終える行為全てを作業と言ってしまうのは少し寂しい気もしますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。