全てを捨てて野生に!?「人間断捨離」が流行/片付け/さくら

***

厚生労働省は14日、行き過ぎた片付けが原因で人間としての尊厳までも見失う「人間断捨離症候群(Human-Danshari Syndrome, HDS)」が流行していることを発表した。現在罹患者は群馬県を中心に200万人程度とみられている。

 

「断捨離」という言葉は、ある自己啓発書によって提唱された、高い意識を伴った概念で、以降「大掃除」や「整理整頓」という言葉とセットで使われるようになっている。あらゆる物への執着から自らを解放し、不要なものを捨てることで、身軽で快適な、意識の高い人生を送ろうという考え方で、発売された2010年に大流行すると、その年の流行語に選ばれるまでになった。

しかし、この「断捨離」への意識の高さが過激化し、捨てるべきものだけでなく、本人にとってかけがえのないはずのものや、生活に必要不可欠なものまで捨ててしまい、最終的に自らのアイデンティティまでも捨て去り、居場所を失って徘徊する者が後を絶たないという。

 

ある女性(40代)は、高校で教鞭を執るさなかに「断捨離」に出会い、意識を高めた。学校の一大イベントである学園祭が終わるや否や、生徒たちの作った教室への飾りつけを不要と判断し、記念写真を撮るまでもなく生徒の先陣を切って意識高く破壊。学園祭終了からわずかに1時間後には、生徒たちの制止を振り切って華やかだった教室を空き部屋同然にしてしまった。本人は悪びれる様子もなく、装飾と生徒からの信頼を捨て去ることに成功。

その後彼女は、家庭内でも意識を高める。「生活費がかさむ」という理由から、夫と子供を追放。家財道具を処分し、自宅を解体して空き地に。残った所持金を使い切って群馬県に旅立つと、服も着ず野草やシカなどを食べて暮らす野生動物同然の生活を送るようになった。本誌へのインタビューにはこのように答えている。

「意識の低い執着から解放されて非常に清々しい。先人がブラッシュアップしながらデベロップさせてきたライフスタイルをリスペクトしているフィーリングを感じる」

その他にも、中~上流階級の女性を中心にHSDは流行し、群馬県の山中などで身ぐるみ一つない状態で発見され、保護観察を行っている。逆に、低所得者、浮浪者の患者はみられなかったという。

ミニマリストの心理に詳しい横浜県立大学の丹夏麗教授は、「HSDの患者のほとんどは群馬県で発見されるものの、出身地は全国に広く分布しています。これは日本最後の秘境である群馬県はミニマリストにとって聖地であり、ここでなら自分の望む生活を送ることができるからではないでしょうか」と述べる。実際群馬県では、電気・ガスの普及率0%(1900年)や、カラーテレビ放送未実施(1950年)といったデータからもわかるように、非常に近代化が遅れている。

教授は続けて、「彼らのような人種はすぐに自己啓発書などに影響を受けて生活スタイルを変えるので、すぐにこの生活にも飽きるでしょう。ただし、移動先として群馬県は間違っていたと思います。真の意味で何も持たない先住民にとってここでの暮らしは遊びではない。容赦なく狩られてしまうだろう。今後は目の覚めた元ミニマリストをどのように保護するかが重要になるでしょう」と語る。

 

元々恵まれていた人々がHDSによりその生活をわざわざ捨て去り、憧れであったはずのミニマリストに狩られて死んでいくとは、何とも皮肉な話である。(ライター:眉津場新聞社・宇曽吹)

***

 

何の話だっけ。

そうだ、昔の担任がやたら断捨離推してて意識高くて面倒だった話だわ。

1 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 5 (1 投票, 平均点: 4.00,  総合点:4  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「全てを捨てて野生に!?「人間断捨離」が流行/片付け/さくら」への3件のフィードバック

  1. 相変わらずこういう文を書くのがうまいですね。似たような話を世にも奇妙な物語で見たことがあります。こっちの場合、何か捨てる代わりに何かを得ることができるという見返りがあったために取り憑かれたように捨てるのにも納得がいくのですが、この文だとただ意識を高めたいだけのように感じてしまって、そこまで物を捨てようとする姿勢がオーバーに感じてしまいました。もう少し取り憑かれている感じを出すためにひと工夫が欲しいところですね。

  2. さくらさんっぽい文章ですね。昔のウザかった担任からよくここまで広げられるなと思いました。面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。